2018/08/04

本当!?「One Netbook One Mix」はファンレス?内蔵ファンは回らない?実際に内蔵ファンの動作を検証してみた!

GPD Pocketシリーズよりも、正統な進化を遂げたライバル機「One Netbook One Mix」、実機レビューが複数のメディアで公開され多くの注目を集めています。ただ、ファンレス・内蔵ファンが回らなかった、といった情報を発信しているメディアもあり、そういった情報を信じてしまっている人もいるようです。そこで本体の裏面カバーを外して内蔵ファンの動作検証をしていきます!



「One Netbook One Mix」とは

OneNetbook社(深圳壹号本科技有限公司)から「GPD Pocket」によく似た製品である「One Netbook One Mix」が発売されました。GPD Pokcetシリーズにはないバックライトキーボード、液晶画面が360度開く、2048段階の筆圧サポートなどといった機能が搭載されています。

数か月前から本格的に海外通販サイトで出荷がはじまり、多くのフィードバックを受けた製品が出荷されています。私が注文をしたのは海外通販サイト:GearBestで、現段階では最新ロットの「One Netbook One Mix」を販売しています。



「One Netbook One Mix」はファンレス?

One Netbook One Mix」を分解していきます。ここでの作業は本体の裏面カバーを外して内蔵ファンの確認・動作検証を行っていくだけです。「GPD Pocket」よりも内部は複雑に作られているので本格的に分解するのはリスクが高いと考えられます。

裏面カバーはネジ(6カ所)を止められているので、プラスドライバーで外していきます。1カ所だけ正品シール(封印)があり、これをはがすとサポートは受けられなくなるので注意しましょう。

銅製ヒートシンクに接続された内蔵ファンが確認できます。この画像で確認できるとおりOne Netbook One Mixはファンレスではありません。



ベンチマークテストを試す

One Netbook One Mix」の内蔵ファンを動作させるには、高負荷をかけてCPU温度を高めるのが一番です。ベンチマークテストを実施して内蔵ファンが回るかどうかを検証していきます。ついでにベンチマークテスト結果も見ていきます。

内蔵ファンが回るタイミングを見逃さないように、裏面カバーを外したままで見ていきます。こういった検証作業でも液晶画面が360度開くのは便利ですね。

ベンチマークテストを実施してみて、なかなか内蔵ファンが回ってくれません…。「One Netbook One Mix」の内蔵ファンは搭載されているだけなのかと不安に感じます。故障していない限りそういったことは通常は考えられませんが。

ちなみにドラゴンクエストX ベンチマークソフトの結果は画像のとおりです。「GPD Pocket」のスコアが2590なので、それと比べると低いことがわかります。

GPD Pocket」よりも全体的に性能が低いですが、バックライトキーボード、液晶画面が360度開く、2048段階の筆圧サポート、microSDカードスロットの搭載、より省電力で静かな「One Netbook One Mix」は選択肢として十分にアリでしょう。



内蔵ファンは動作する

結論から言うと「One Netbook One Mix」の内蔵ファンは回ります。ベンチマークテストや負荷があるゲームタイトルを遊んでいれば内蔵ファンが回ることが確認できるはずです。複数のメディアでファンレス・内蔵ファンが回らなかったと書かれているのは、この内蔵ファンの動作が静かで気が付かなかったのでしょう。

内蔵ファンが回っているかどうかの判別が難しいと思ったので、内蔵ファンが回っていない画像を用意しました。比べてみると高速で内蔵ファンが動作していることが確認できます。

One Netbook One Mix」の内蔵ファンは、CPU温度が60度を超えることで動作を開始し、50度以下になることで動作を停止します。きちんと内蔵ファンが制御されていることも確認できました。

赤外線放射温度計で本体の表面温度を測定したみたところ高温な場所でも40度でした。表面温度は低いものの、金属製筐体を採用しているので熱伝導率の高さがあだとなり体感的には熱く感じるかもしれません。



冷却性能・静音性は優秀!

GPD Pocketシリーズよりも、正統な進化を遂げたライバル機「One Netbook One Mix」の冷却性能・静音性は優秀でGPD Pocketを超えたと言えそうです。特に静音性については、複数のメディアがファンレス・内蔵ファンが回らなかったと思われるほどに静かだと評価できるでしょう。

冷却性能については、グリスの変更、サーマルパッドの貼り付けといった対策をしているユーザーも多い「GPD Pocket」ですが、それに対して「One Netbook One Mix」では対策の必要はなさそうなのもポイントです。



お得に購入できる割引クーポン

最新ロットの「One Netbook One Mix」が、お得に購入できる割引クーポンが発行されました!数量:10点限定の特別な割引クーポンです!現時点では、ほかの海外通販サイトと比べても最安です。(商品にカートを追加してからのPlace Order画面で割引クーポンを入力します)

「One Netbook One Mix」割引クーポン情報
商品名 One Netbook One Mix
割引クーポンコード IT$TAONEMIX(434.99ドル)
割引クーポンコード GB&TAonemix(416.99ドル)
限定数量に達した場合、割引クーポンは使えなくなります。

個人的には「One Netbook One Mix」は、GPD Pocketよりも性能は低いものの、販売価格も安く、搭載されている機能も魅力的なので、そういった部分でトレードオフできる製品と言えるでしょう。

3 件のコメント

  1. こんにちは。私は初代Pocketを持っていない事もあり、GPD Pocket 2を予約しているのですが、
    おそらくWIN2(こちらは既に持ってます)と同じく一部のゲームではフルスクリーン時に、
    片側が真っ暗になるのだろうなあと思っています。
    (普通のwindows10のPCではフルスクリーン時に正常に全部表示されるゲームソフトです)

    そこでずっと気になっていたのが、OneNetbookです。
    OneNetbookはGPDではフルスクリーン時に片側が真っ暗になるようなゲームも正常に表示されたりするのでしょうか?
    もしそうなら、それだけで買う価値があるなあと思うのですが、どんな感じでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. GPD製品・OneMix製品に限らず多くのWindowsマシンでフルスクリーンモード(全画面表示)で、ゲームプレイをした場合、スクリーンの一部が表示されない問題をかかえています。

      既に解決方法は公開されてはいますが、One Netbook One Mixはスペックも低いことから遊べるゲームタイトルは限定的だと思います。そのほかのスペックを求めない作業であれば問題はありません。
      https://ton-chi-ki.blogspot.com/2018/03/gpddiablo2.html

      削除
    2. どうも丁寧に返信ありがとうございます。
      OneNetbookでもダメだということが分かっただけでも自分には収穫でした。
      (このコメントに返信は不要です。ただ一言お礼を申し上げたかったので。ありがとうございました)

      削除

© とんちき録 | All rights reserved.
とんちき録とは | ご利用にあたって | プライバシーポリシー | お問い合わせ | 読者企画・ご提案