2018/08/08

やってみよう!モジュラー型のゲームコンソール「GameShell」の初期設定・RetroArchの使い方を初心者向けに簡単解説!

世界初のモジュラー型のゲームコンソール「GameShell」の初期設定、マルチエミュレータ:RetroArchの使い方を初心者向けに解説していきます!海外クラウドファンディングサイト:Kickstarterで出資をしていてGameShellは届いたものの、使い方がまったくわからない…という人でも、きっと使えるようになるはず(?)です。




やってみよう!モジュラー型のゲームコンソール「GameShell」

世界初のモジュラー型ゲームコンソール「GameShell」は、海外クラウドファンディングサイト:Kickstarterで出資募集をしていた製品です。すでに多くの出資者へ出荷されていますが、使い方などの情報収集は海外フォーラムで得る必要があり、初心者向けとは言えません。

そこで、モジュラー型ゲームコンソール「GameShell」の初期設定、プリインストールされているマルチエミュレータ:RetroArchの使い方を簡単に解説していきます!



初期設定をしていく

モジュラー型ゲームコンソール「GameShell」には、いくつものアプリがプリインストールされています。ただ、そのままの状態では遊べないアプリも多く、初期設定でつまずいてしまっている人が多くいるようです。

まずは、ペンギンアイコン(タックスくん?)の「Settings」の初期設定をしていきましょう!



Wi-Fiを設定する

モジュラー型ゲームコンソール「GameShell」は、Wi-Fi接続をサポートしています。接続しなくても遊べますが、システムアップデート、microSDカードのデータを移動・削除・コピーなどを行う必要があるので接続しておきましょう。

ここでつまずくようであれば「GameShell」を使う以前の問題です。使用しているWi-Fiスポットの設定などを見直して挑戦してみてください。



システムアップデートを実行する

海外クラウドファンディングの出資者に出荷された「GameShell」には、最新のシステムが導入されていません。初期状態では、タイムゾーン(時間設定)、ボタンレイアウトなどが変更できないので「Update」を実行しましょう。

出荷タイミングによっては最新システムが導入されている可能性もありますがUpdate」は初めに実行しておきましょう。



タイムゾーンを設定する

出荷状態の「GameShell」のタイムゾーンは「Japan(日本)」に設定されていません。システムアップデート後はタイムゾーンを簡単に変更できます。

Timezone」を選択後に表示される画面で「Japan」を選択しましょう。選択後に正しく時間が表示(日本時間)されているか確認しましょう。

正しく表示されていない場合は、システムを一度「PowerOFF」にしてから起動しましょう。



ボタンレイアウトを変更する

GameShell」標準のボタンレイアウトでは、直感的な操作がしにくいという人も多いはずです。標準のボタンレイアウトは「XBOX」になっています。「Buttons Layout」を選択して変更しましょう。

ボタンレイアウトを「SNES」に変更すると、なじみのあるボタンレイアウトに変更されます。ついでにYボタンを押してRetroArchのボタンレイアウトも変更しておきましょう。

Yボタンを押しても何も起こらない場合は、システムを「PowerOFF」して再起動しましょう。(設定をしていた際に何も起こらない時がありましたが、再起動することで直りました)

Yボタンを押してUpdateRetroArchが実行されると、確認画面が表示されるので「Yes」を選択しましょう。これでRetroArchのボタンレイアウトが自動で変更されます。

システムのボタンレイアウトを変更した場合、GameShell」本体のボタンレイアウトも忘れずに変更しておきましょう。(説明書どおりにGameShellを組み立てした場合は、XBOXボタンレイアウトになっています)



ファイルの送受信をする

GameShell」にはmicroSDカードスロットを搭載しています。microSDカードのデータを移動・削除・コピーなどを行うのに、その都度 microSDカードを取り出すのは面倒な作業です。「TinyCloud」を使えば簡単にファイルの送受信ができます。

TinyCloudを起動して表示されるIP(下画像では192.168.0.10)をパソコンのブラウザで開き、ID、Key(どちらもcpi)を入力するだけで接続できます。ただ、同一ネットワーク上で実行しても接続がうまくいかない問題が報告されています。

そういった問題を回避するために「WinSCP」を使うことをおすすめします。公式サイトへアクセスして緑ボタン(DOWNLOAD WINSCP)を選択します。ダウンロードができたらインストールしましょう。

起動すると下画面が表示されるので、TinyCloudで表示されるIP、ユーザ名・パスワード(どちらもcpi)を入力して「ログイン」ボタンを選択します。

するとGameShellのmicroSDカード内が表示されるので、必要なファイルのバックアップ、ROMイメージの保存などを行いましょう。

マルチエミュレータ:RetroArchで遊ぶ場合には、自分のわかりやすい場所にROMイメージを保存しておきましょう。



RetroArchの使い方

GameShell」にプリインストールされているマルチエミュレータ:RetroArchの使い方を解説していきます。初期設定をせずに起動すると、ボタンレイアウトが設定されていないので操作できません。必ず先に記載している初期設定(ボタンレイアウトを変更)をしてから実行しましょう。ここでは最小限の設定方法を解説していきます。

マルチエミュレータ:RetroArchが起動したらOnline Updater」をはじめに実行しましょう。十字キーでカーソルを動かし、Aボタンで「Online Updater」が選択できればボタンレイアウトが正常に変更されています。

どうしてもボタンが反応しない場合は、「WinSCP」で/home/cpi/.config/retroarch/retroarch.cfgをテキストエディタで開き、menu_unified_controlsという項目の"false"を"true"に変更しましょう。

Online Updaterで表示される項目の内、Thumbnails UpdaterとContent Downloader以外をすべて実行しましょう。実行すると画面下部に黄文字が表示されるので、表示が消えてから順番に実行していきます。(何分経っても黄文字が消えない場合には、再起動してリトライしてください)

Bボタンを押してMAIN MENUに戻り「Settings」→「Directory」を選択します。Directory画面で表示されている項目の内、DownloadsとFile BrowserをROMイメージが保存されたフォルダに設定しましょう。

例えば、「WinSCP」でgamesフォルダの中に、retroarchフォルダを作成し、その中にromsフォルダを作成してROMイメージを保存した場合には次のように選択していきます。(/→home→cpi→games→retroarch→roms→<Use this directory>)

設定が終わったらBボタンを押してMAIN MENUに戻り「Settings」→「Input」を選択します。ここで設定するのはMax Users(0以外を選択)、Menu Toggle Gamepad Combo(Start+Selectを選択)、Bind Timeout(を選択)です。

Menu Toggle Gamepad Comboを設定(Start+Selectを選択)しておけば、ゲーム途中にStart+Selectボタンを押すことで各種設定(ゲーム切替、セーブ、チートなど)が実行できます。

MAIN MENUに戻り「Settings」→「Driver」、「Video」、「Audio」を下記画像を参考に設定していきましょう。この設定は海外フォーラム(RetroArch Megathread)で公開されているものです。

Threaded Videoを「ON」、Vertical Sync (Vsync)を「ON」、その下のVertical Sync (Vsync) Swap Intervalを「」に設定します。

Audio Latency (ms)は設定を忘れずにしましょう。初期値は512になっていますが「64」に変更します。他にはAudio Syncを「ON」、Audio Resampler Qualityを「Lower」に設定します。

最後にMAIN MENUに戻り「Load Core」を選択します。

ゲームタイトルを起動するのに必要なお好みのCoreをダウンロードします。Coreの名前を見れば、だいたいどのゲームに対応しているかがわかります。

ダウンロードが終わったら、Load Coreから起動したいゲームタイトルのCoreを選択してからROMイメージを実行するか、Load Contentから起動したいゲームタイトルを選択してからCoreを選択して実行してください。

マルチエミュレータ:RetroArchでゲームタイトルの起動はできたでしょうか。初心者向けに初期設定から順を追って解説してきましたが、もう少し詳しくRetroArchの設定を知りたい場合には関連記事を参考に設定してみましょう。

※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用を禁止します。また、コメント欄での質問はお答えしません。


3 件のコメント

  1. Retroarch自体の更新方法について何かわかりませんでしょうか?
    恐らくリナックスが入ったPCが無いとできないのではと思っているのですが・・・。

    以前の記事に書き込んで以来、全く進展がなく、最近は忙しくとんちきさんの記事を読むまで半分忘れてました(;´∀`)

    返信削除
    返信
    1. 最新のRetroArchバージョンなのかはわかりませんが、フォーラムに書かれている方法を実行すれば導入はできそうです。
      https://forum.clockworkpi.com/t/retroarch-packages-for-gameshell/1056

      ただ、フォーラムを読んでみたかぎりでは、多くのレトロゲームが問題なく動作しているので更新に興味を持っているユーザーは少ない印象です。

      削除
    2. そうなんですね。
      私が試したGBAの某ローグライクゲームや、GBの某6枚の硬貨を集めるアクションゲームなど音ズレがすごいのでこれは更新しなくてはと思って頑張っていたのですが・・・。

      削除

© とんちき録 | All rights reserved.
とんちき録とは | ご利用にあたって | プライバシーポリシー | お問い合わせ | 読者企画・ご提案