2018/08/02

メタリックな金属筐体を採用した 2BA+2DD ハイブリッドイヤホン「TRN V80」をレビュー!キレが良いサウンドが心地よい!

中華イヤホンブランド:TRNから、ハイブリッドイヤホン「TRN V80」が発売されました。ひときわ目立つメタリックな金属筐体、2Pinケーブル着脱式、カナル型、片耳4ドライバー(2BA+2DD)を搭載したハイブリッドイヤホンです。TRNシリーズは個体差があることで何かと話題になるイヤホンですが、このモデルの出来栄えを簡単に見ていきます。



2BA+2DD ハイブリッドイヤホン「TRN V80」

中華イヤホンブランド:Zoudu technology co.LTD(东莞市佐度声学科技有限公司)から発売されたハイブリッドイヤホン「TRN V80」。ひときわ目立つメタリックな金属筐体、2Pinケーブル着脱式、カナル型、片耳4ドライバー(2BA+2DD)を搭載しています。デザインは某メーカー製イヤホン(DUNU Falcon-c 隼)によく似ています。

2DD+2BA?ハイブリッドイヤホン?と聞いて、何のことか意味がわからないという人も多いと思いますが、ざっくり説明すると、ダイナミックドライバー(DD)と、バランスド・アーマチュアドライバー(BA)という、特徴・性能の異なるスピーカーが搭載されているイヤホンと考えれば良いでしょう。



「TRN V80」を見ていく

中華イヤホンブランド:TRNのハイブリッドイヤホンを購入したのは「TRN V10」に続き2度目、このブランドのイヤホンは個体差が多く報告されていてアタリ・ハズレがあると言われています。イヤホン自体の音質だけでなく、そういった部分も楽しめる(?)商品です。

TRNブランドの製品は真っ白なパッケージを採用しています。パッケージ裏面には簡単なスペックが記載されています。

パッケージを開封すると、すぐにメタリックな金属筐体を採用したハイブリッドイヤホン「TRN V80」を確認できます。カラーは全2色(ブルー、ブラック)で購入したのはブルーです。

メタリック塗装はギラギラした印象を受けますが、カラーが濃いめのブルーなので、それほど目立つという印象は受けません。

付属品は2Pinコネクタケーブル(6N無酸素銅線)、保証カード、品質合格証、マニュアル、イヤホンピースです。

ハイブリッドイヤホン「TRN V80」を実際に手にとってみるとイヤホン本体が一回り小さい印象を受けました。「TRN V10」と並べてみると大きさが小さいのがわかります。

ハイブリッドイヤホン「TRN V80」の外側には穴(ベント)が空いています。大音量で音楽を聴く場合には音漏れには注意しましょう。一般的な金属筐体を採用した中華イヤホンよりも厚めのしっかりとした金属筐体を採用しています。

標準付属のイヤホンピースは径が細いので交換をする目的がないかぎりは取り外さない方が良いです。「TRN V80」はノズル部分の作りが弱い個体があるようで、大きく負担がかかるとノズルが破損するという報告があがっています。

TRNブランドに付属する2Pinコネクタケーブル(6N無酸素銅線)の取り回しは良好です。どちらの本体色(ブルー・ブラック)にもマッチするブラックケーブルなのもポイントです。

ただ、標準付属のケーブルは予算的な面もあり、それほど良いイヤホンケーブルは付属していません。中華イヤホンで1ランク上の音質を体感したい場合にはリケーブルは必須と考えられます。



リケーブルして楽しむ

一緒に購入した「NICEHCK 8芯 イヤホンケーブル OFC純銅銀メッキ」にリケーブルして楽しみます。高音、中音、低音のバランスの良さ、特に透き通るようなクリアな高音を体感できるケーブルです。個人には「TRN V80」の特徴を生かすに丁度良いケーブルだと考えています。

ハイブリッドイヤホン「TRN V80」のイヤホンケーブルと比べてみると、「NICEHCK 8芯 イヤホンケーブル OFC純銅銀メッキ」のケーブルの太さはそれほど変わりません。

ケーブルはより柔らかく、取り回しも向上します。丁寧に編みこみされたケーブルなのが確認できます。

もともと「TRN V80」のポテンシャルが高かったのか、「NICEHCK 8芯 イヤホンケーブル OFC純銅銀メッキ」にリケーブルすることで音の解像度がはっきりと、重低音もしっかり、ボーカルの声も透き通る、全体的にキレが良い心地よいサウンドに変化しました。



存在感があるキレが良いサウンド

ハイブリッドイヤホン「TRN V80」は、メタリックな金属筐体を採用した個性的なハイブリッドイヤホンです。その個性的な見た目からは想像ができないような存在感があるキレが良いサウンドを体感できます。リケーブルすることでその存在感はさらに向上するでしょう。

ただ、「TRN V80」はノズル部分の作りが弱い個体があり、破損してしまったという報告も上がっています。破損した場合でも無償修理・交換が受けられる販売店で購入すると良いでしょう。(NICEHCKでは1年保証が用意されています)

ハイブリッドイヤホン「TRN V80」は、安価な中華イヤホンの中でも、かなり高いレベルの音質・解像度を発揮できるイヤホンといえるでしょう。個人的には音質も好みで「すごく良いイヤホン」です。

※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用を禁止します。また、コメント欄での質問は基本的にお答えしません。


0 件のコメント

コメントを投稿

© とんちき録 | All rights reserved.
とんちき録とは | ご利用にあたって | プライバシーポリシー | お問い合わせ | 読者企画・ご提案