2018/06/23

ゾイドの新作「ゾイドワイルド」が発売!12年ぶりに発売されたゾイドを買ってみた!さらに進化した迫力ある動きが素晴らしい!

ZOIDS(ゾイド)の新作である「ゾイドワイルド(ZOIDSWILD)」が発売されました!12年ぶりに発売された新作だけに多くのファンから注目を集めていた新商品です。その中でも独特な動きが特長のプロガノケリス種のガノンタス(ZW05)を組み立てたので見ていきます!ゾイド独自の世界観も素晴らしい商品です。



ゾイドワイルド(ZOIDSWILD)とは

タカラトミーから発売された「ゾイドワイルド(ZOIDSWILD)」は、作る!動く!本能解放(ワイルドブラスト)!のリアルアクションがかっこいいホビーキットです。ゾイドシリーズは、1980年代から発売されているロングセラー商品で、今でも多くの年代のファンに愛されています。ゾイドシリーズの第三世代の商品です。

電動モーター駆動によるキットと、ゼンマイ駆動によるキットの2種類が販売されています。私が購入したのは電動モーター駆動によるキットの「ガノンタス」です。



ゾイドらしいパッケージ

12年ぶりに発売された新作の「ゾイドワイルド」でも、ゾイドシリーズらしい世界観のパッケージが採用されています。実際に手にとってみるとパッケージから「わくわく感」が伝わってきます。

パッケージの側面・裏面には「ガノンタス」の発掘地域、本能解放技名、全長などのスペックが記載されています。ゾイド独自の世界観を楽しむことができます。

ゾイドワイルドは箱(パッケージ)から発掘(取り出し)、復元(組み立て)、動かすという楽しみ方ができます。



店頭購入特典

ゾイドワイルド」を店頭で購入した場合には、先着順(在庫かぎり)で特典を受け取れます。ゾイドワイルドの組み立てパーツである限定カラーバージョン(2種類あり)のZキャップと、パナソニック乾電池エボルタネオ1本がもらえます。

景品はなくなりしだいの終了です。ゾイドファンの人は忘れずに受け取って欲しいアイテムです。



ゾイドワイルドを発掘・復元する

ゾイドワイルド」をパッケージから取り出すと地層のようなデザインの内箱と、復元の書を見つけることができます。

ゾイドワイルドの部品を確認することを「発掘」として楽しめます。すべてのパーツは切り離された状態で梱包されています。(電池ボックスを開けるのにドライバーが必要です)

復元の書(取扱説明書)を見ながら復元(組み立て)を進めていきます。復元の書はかなり作りがこっていてダメージ加工されています。

すべてのページがフルカラーで印刷されているのでわかりやすいです。復元の書だけでは組み立てが不安という人は、すべての組み立て動画がYoutubeで公開されているので安心です。

撮影しながらの組み立てだったので1時間以上かかりましたが、普通に組み立てをすれば30分くらいで組み立てができます。



ゾイドワイルドの復元完了!

まずは骨格形態復元で動作を確認します。実際に動かしてみると電動モーターの音はとても静かです。「ガノンタス」は、のっしのっしと力強い独特な動きで歩きます。

骨格形態に甲羅型アーマーを取り付ければ完全形態復元完了です。素組立でも迫力ある仕上がりです。

甲羅型アーマーを開いてガノンキャノンをセットすれば本能解放(ワイルドブラスト)のリアルアクションを楽しめます。

店頭購入特典の限定カラーバージョンZキャップ(フリーダムブルー)を「ガノンタス」に取り付けました。目の色とマッチしてこっちの方が好みかも。



今後の新作にも期待したい

7月からはゾイドワイルドのアニメが始まり本格的に始動します。今後も新しいゾイドが登場し「ゾイドワイルド」の世界を盛り上げていくことでしょう。久しぶりの組み立て作業でしたが思っていた以上に楽しめました。

塗装・改造などのスキルがある人は「ゾイドワイルド」をもっと楽しめると思います。販売価格もそれほど高くないので、ちょっとした息抜きとしても楽しめます。

※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用を禁止します。また、コメント欄での質問は基本的にお答えしません。


0 件のコメント

コメントを投稿

© とんちき録 | All rights reserved.
プライバシーポリシー | お問い合わせ