2018/06/20

薄く軽くスタイリッシュになった「GPD Pocket 2」は受け入れられるのか!クラウドファンディング開始の準備はほぼ完了!?【コラム】

前モデルよりも薄く軽くスタイリッシュなデザインになった「GPD Pocket 2」が海外クラウドファンディング:INDIEGOGOに登場します。すでにクラウドファンディング開始に必要なプロトタイプモデル、プロモーションの準備はほぼ完了しているようです。既存ユーザーからの評判は良いとはいえませんが、新規ユーザー獲得をターゲットにしたGPD社の新しい挑戦となりそうです。



GPD Pocketシリーズとは

GPD社(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)からは、ゲームに関わる製品であるAndroidベースの携帯ゲーム機であるGPD XDシリーズ、ゲームパッド、キーボード、Windows 10を搭載した携帯ゲーム機であるGPD WINシリーズが発表されています。その中でもGPD Poketシリーズはゲームに関わる製品ではなく、日常で気軽に使用できるUMPC(ウルトラモバイルPC)をコンセプトに作られた製品です。

2018年7月にクラウドファンディングが開始される新しいGPD Pocketシリーズの新製品「GPD Pocket 2」は、新規ユーザー獲得を目指した製品になりそうです。



薄く軽くスタイリッシュに

GPD社(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)の新製品であるGPD Pocket 2は、CPUにIntel® Core™ m3-7Y30、メモリはLPDDR3-186で4GB/8GBの2モデル、ストレージ容量は128GB(eMMC 5.0)を搭載し、前モデル(GPD Pocket)に比べてスペックは大幅にパワーアップしています。

本体サイズ:181 x 113 x 8~14mm、本体重量:465g、バッテリー容量は6,800mAh(2 x 3,400mAh)と薄く軽くスタイリッシュになりました。バックライトの搭載はありませんが、キーボードも打ちやすい配置・大きさに改良されています。

スクリーンには第4世代のゴリラガラスを採用し、7インチの液晶画面(1920 x 1200)を採用。トラックポイントを廃止し、光学式タッチセンサーを搭載しています。新たにmicroSDカードスロット、USB 3.0 Type Aポートが一つ増えました。

GPD Pocket 2は、放熱、薄型設計、耐久性(1メートルの落下試験にも合格(無傷率80%))などに力を入れた製品です。



多くのデバイスを拡張できる

GPD Pocket 2」では、micro HDMIを廃止し、USB 3.0 Type Aポートを一つ増やしました。ハブを使って多くのデバイスを接続・拡張できるようになりました。ハブは付属しませんがデバイスを接続・拡張する場合は使うことを推奨しています。

前モデル(GPD Pocket)と比べて薄く軽くスタイリッシュ、性能が大幅にパワーアップした「GPD Pocket 2」がクラウドファンディングに登場します。



新規ユーザー獲得がターゲットか!?

GPD社(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)の製品は日本国内の大手家電量販店でも扱われる製品に成長しました。このことから、日常で気軽に使用できるUMPC(ウルトラモバイルPC)をコンセプトに作られたGPD Pocketシリーズは、既存ユーザーというよりも新規ユーザー獲得をターゲットにした製品と考えられます。

薄く軽くスタイリッシュであることをアピール、女性が使うことをイメージしたプロモーションを前面に押し出しています。

個人的には既存ユーザーのフィードバックを受けた製品づくりを望んでいますが、市場規模を拡大するためにGPD社は新たな挑戦を始めたと考えるべきでしょう。



トラックポイントを廃止した

GPD Pocket 2」ではポインティングデバイスの搭載を廃止することが発表されました。しかし、多くの既存ユーザーからの反発があり、光学式タッチセンサーを搭載することが決定しました。過去の製品でも途中で仕様変更をすることがありましたが納得できる製品には仕上がりませんでした。

公開されているプロトタイプモデルは2018年4月ごろに完成したモデルです。クラウドファンディング開始時期や出荷時期を考えると「GPD Pocket 2」の完成度は期待できないように思えます。個人的に期待をしていたSIM搭載をクラウドファンディングでサプライズ発表することもないでしょう。



出資・購入する人は少ないかも

GPD Pocket 2」に出資・購入するかのアンケートを行いました。狭い範囲でのアンケート結果なので、あまり参考にならないと思いますが、およそ8割を超える人が出資を見送り・購入しないことがわかりました。

日本国内のユーザーだけでなく、海外ユーザーからの評価も良いとはいえません。現時点ではGPD Pocket 2への出資は見送ろうと考えています。



警戒している

最近になってGPD Pocketによく似た「One Netbook One Mix」が発売されました。この製品についてGPD社はデザインを盗用したコピーで、スペックや品質が良くない製品だと批判しています。コンセプトをマネした製品が他社から販売される可能性もあることから警戒しているようです。

今後、GPD社のシェアを狙った企業が現れるかもしれません。競合して良い製品が次々と発表されればユーザーにとってはうれしいことです。



前モデル(GPD Pocket)・GPD WIN 2で十分

GPD Pocket 2」とはコンセプトが違う製品ですが、性能が大幅にパワーアップした「GPD WIN 2」があれば十分という意見も多くあがっています。また、使い方によっては前モデル(GPD Pocket)でも十分でしょう。

ちなみに「GPD WIN 2」は一部の海外通販サイト、日本国内正規販売店・代理店への出荷を開始しています。国内の大手家電量販店でも近いうちに発売されるでしょう。GPD WIN 2の日本国内での販売、「GPD Pocket 2」クラウドファンディング開始時期に合わせて日本国内でもイベントが開催されるかもしれません。

※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用を禁止します。また、コメント欄での質問は基本的にお答えしません。


2 件のコメント

  1. この手の商品はあくまでサブですから、こんな短期間で可能になるような若干のスペックアップじゃできる事への恩恵も少ないですしね。
    いっそGPDwinみたいなゲームに全振りなら少しでもスペックの高い物をって需要もあるんでしょうけど前モデル持ってる人には魅力はなさそうかな
    ただSIMを直挿しできるコンパクトなノートはすごく欲しいですね
    今モバイルにchromebookを使っているのでなおさらそう思います

    返信削除
    返信
    1. 前モデルを持っている人であれば、よっぽどなことがない限りは買い替えは必要ないと思います。バッテリー持ちも悪くなってしまったようでSSD搭載を断念したようです。

      もう少し期間を開けてでも良いのでユーザーフィードバックを生かしたGPD社らしい製品を発表して欲しかったと思います。おそらく前モデル(GPD Pocket)を超える売り上げは達成できないでしょう。

      削除

© とんちき録 | All rights reserved.
プライバシーポリシー | お問い合わせ