2018/06/06

クラウドファンディングで早期出資枠であるEARLY BIRD(アーリーバード)を勝ち取る方法!知っている人だけが得をする!?【コラム】

海外クラウドファンディングでは、通常出資枠よりも割安な早期出資枠:EARLY BIRD(アーリーバード)を用意しているケースが多いです。しかし、早期出資枠の限定数量は極端に少ないケースが多く、人気製品の場合には開始数秒でなくなります。今回はあまり知られていない早期出資枠を勝ち取る方法をアドバイスしていきたいと思います。



クラウドファンディングの早期出資枠を勝ち取る!

どうしても欲しい製品を割安(EARLY BIRD)で出資したいと思っている方は多いと思いますが、出資の手順を知らないばかりに競争に負けてしまっている人が多いように感じます。当たり前のことをするだけで勝ち取る確率は大幅にアップします。実際に筆者はクラウドファンディングの8割で早期出資枠を獲得しています。

今回「Atom, World`s Smallest 4G Rugged Smartphone」の出資方法をアドバイスしたところ反響があったので詳しく解説していきたいと思います。


スポンサーリンク

サインインをしておく

クラウドファンディングが開始される時刻になってサインインした時点で負けは確定します。クラウドファンディングが開始される20分前には必ずサインインしておきましょう。アナウンスされていた時間よりも早く出資が開始されたケースが過去にあったので20分前としています。

ほとんどのクラウドファンディング製品が時間どおりにキャンペーンを開始しているので、あまり心配しなくても良いのかもしれません。



支払い方法を登録しておく

早期出資枠:EARLY BIRD(アーリーバード)のボタンを押せても、支払い方法が設定されていなければ負けは確定します。クレジットカード情報を登録したくないという気持ちは理解できますが、この時だけはクラウドファンディングが開始される時間前にクレジットカード情報を登録しておきましょう

サインイン後に、アカウント→設定(支払い方法)でクレジットカード登録を済ませておきましょう。登録しておくことに不安を感じる人は出資をした後にカード情報の登録を削除すれば大丈夫です。



プロジェクト実行者をフォロー

クラウドファンディングを開始するプロジェクト実行者をフォローしておきましょう。プロジェクト実行者の名前をクラウドファンディングサイト上で検索すれば出てくるはずです。クラウドファンディングが開始される時間になって商品名を検索している時点で負けは確定します。

フォローをすることで新しいプロジェクトが追加された場合に通知がされます。しかし、この通知を待っていてはいけません。「作成したプロジェクト」をクラウドファンディング開始時間になったら表示が変わるまでクリックし続けます。

新しく追加されたプロジェクトが一番上に表示されるので、急いでクリックし早期出資枠であるEARLY BIRD(アーリーバード)を選択しましょう!



油断してはいけない

せっかくEARLY BIRD(アーリーバード)を選択できても、次の画面で表示される「プリッジ」ボタンを押すまでは勝負は終わっていません。追加料金(Add-on)を支払えばオプションが得られる特典があっても無視しましょう。追加料金を入力している間に負けは確定します。

追加オプションは出資後に料金変更(Add-on)することで申し込みができるので心配はいりません。早期出資枠であるEARLY BIRD(アーリーバード)を狙うのであれば出資後にオプションを考えるようにしましょう。

ただし、一般的にクラウドファンディングで追加オプション追加した場合には、どんなに早く出資をしていても遅くなる傾向があります。少しでも早く欲しいという人は追加オプションは諦めましょう。



まとめ

クラウドファンディングの出資方法を知っておくだけで早期出資枠であるEARLY BIRD(アーリーバード)を勝ち取ることができます。実際に「Atom, World`s Smallest 4G Rugged Smartphone」で出資をしたところ、Super Early Bird(限定数量:100個)を獲得できました。(開始15秒以内で出資をしても40番台でした)

クラウドファンディングのキャンペーン締め切り日の前後に出資をキャンセルする人もいるので、その時にキャンセルされた早期出資枠:EARLY BIRD(アーリーバード)をタイミングよく狙うのも面白いかもしれません。

※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用を禁止します。また、コメント欄での質問は基本的にお答えしません。


スポンサーリンク

4 件のコメント:

  1. 全部やったんですがUnihertz Atomはダメでした。
    まあ、全世界で100個という少なさのも原因でしょうが。

    返信削除
    返信
    1. EARLY BIRD(アーリーバード)は、客寄せパンダ的に使われているので数量が少ないのがネックですよね。
      今回のような人気製品の場合は非常に競争率が高いので難しいかもしれないですね(´・ω・`)

      削除
  2. Atomはやっぱり技適は通ってないんでしょうか

    返信削除
    返信
    1. 公式からアナウンスされていますが技適を取得してからの出荷です。

      削除