2018/07/13

GPD Pocketに似ている「One Netbook One Mix」がフェイクでなく本当に発売!?現地訪問・プロトタイプモデル(試作品)を確認!

海外通販サイトでプレオーダーを受け付けていた「One Netbook One Mix」は、GPD社(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)から販売されている「GPD Pocket」によく似ています。デザイン・大きさは、ほぼそのままに液晶画面は360度開き、バックライトキーボード、センサーマウスといった機能が搭載されています。



「One Netbook One Mix」が発売開始!

GPD社(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)から販売されている「GPD Pocket」によく似た「One Netbook One Mix」の発売が開始しました。ブランド名がOne Netbookで、型名:One Mixです。既存の中華メーカーではありませんが、中国メーカーの一つとして知られる「VOYO」の系列企業(新ブランド・子会社)です。

商品スペックどおりので発売であれば、基本スペックは「GPD Pocket」と大きく変わらず、より使い勝手が良い、超小型のミニノートパソコン(UMPC)の誕生です。ただし、製品の情報・完成度が不明なことから不安は残ります。



スペックを確認する

公開されている「One Netbook One Mix」のスペックは下記のとおりです。「GPD Pocket」よりも後発に発売された製品だけにスペックだけで判断すると魅力的に思えるところがあります。

ただし「One Netbook One Mix」は、発売されたばかりの製品ということもあり、スペックどおりの品質・完成度になっているかが気になるところです。



カラーが選べる

One Netbook One Mix」の本体カラーは、全部で3色(シルバー、ゴールド、ローズピンク)が予定されています。プレオーダーでのカラー表記はされていませんが、標準的なベースカラーである「シルバー」が先行して販売されました。

今後、全3色(シルバー、ゴールド、ローズピンク)で販売されるか不明ですが、カラーが選べるのはうれしいですね。



液晶画面が360度開く

GPD社(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)から販売されている「GPD Pocket」の最大開度:165度程度に対して、「One Netbook One Mix」の最大開度は360度と圧倒しています。



2048段階の筆圧検知

One Netbook One Mix」は、2048段階の筆圧検知をサポートしています。液晶画面も360度開くことから、メモ変わりに使ったり、ちょっとしたお絵かきツールとしても役立ちそうです。ただし、中華系メーカーのこのうたい文句は、信頼できない製品も多いことから、実際に試してみない限りは過度な期待は禁物です。

2048段階の筆圧検知をサポートしたスタイラスペンは付属品ではなく別売りで用意されているようです。



バイクライトキーボード、センサーマウスを搭載

One Netbook One Mix」には、バックライト付きのキーボード、センサーマウス(Infrared induction mouse)を搭載しています。これで暗い場所でもキーボード入力に困ることはないでしょう。ただし、キーボード配列は、ほぼ「GPD Pocket」そのままなので入力には慣れが必要です。

キー配置くらいは、「GPD Pocket」とほぼ同じではなく、ひと工夫あった方が面白さがあったかもしれません。



microSDカードスロットを搭載

One Netbook One Mix」のI/Oポートでは、microSDカードスロットが搭載(最大128GBをサポート)されています。これによりファイル移動や、ストレージ容量の改善に役立てることができます。

ここまで、「One Netbook One Mix」の魅力的なスペックをピックアップしてきました。すでに「GPD Pocket」を持っているユーザーでも、気になる人はいるのではないでしょうか。



One Netbook社(深圳壹号本科技有限公司)を訪問

One Netbook One Mix」を製造しているブランド:OneNetbook社(深圳壹号本科技有限公司)の実態について詳しい情報・実績はなく、本当に発売されるのか疑問・不安視している人も多いと思います。やはり、信ぴょう性を高めるには現地を訪問するのが確実です。

実際にOneNetbook社(深圳壹号本科技有限公司)を訪問した際の画像・情報をもとに、現時点の「One Netbook One Mix」のプロトタイプモデル(試作品)の完成度についてを見ていきます。(画像・情報は現地協力者からの提供です)

OneNetbook社(深圳壹号本科技有限公司)は、現時点では表門に掲げられている会社所有の敷地内のオフィスを借りているようです。



Youtube動画だけでは信ぴょう性に欠ける部分がありましたが、「One Netbook One Mix」のプロトタイプ(試作品)は完成しています。ただし、一部の機能(指紋認証など)は開発中です。

OneNetbook社(深圳壹号本科技有限公司)は、中国メーカーの一つとして知られる「VOYO」の系列企業(新ブランド・子会社)です。なので、液晶画面の最大開度360度・筆圧検知などの技術は当然持っていて、品質についてもVOYO製品相当の完成度になりそうです。

One Netbook One Mix」のプロトタイプ(試作品)のキーボードにはLEDが組み込まれているのでバックライト機能は実現されそうです。実際にどの程度の明るさ・キーストロークなのかは確認できませんでした。

One Netbook One Mix」は、「GPD Pocket」によく似ていますが、搭載されている機能・スペックは違うので内蔵ファンの位置にも違いがあります。

今回のOneNetbook社(深圳壹号本科技有限公司)への現地訪問、「One Netbook One Mix」のプロトタイプ(試作品)の確認により、大まかにどういった会社・製品なのかを確認できました。



本当に発売された

海外通販サイトでプレオーダーが開始された「One Netbook One Mix」は、当初は発売されるかどうか信ぴょう性が低い商品、発売されることがない製品(フェイク)だと考えていましたが、ほかの大手海外通販サイト:GearBestでもプレオーダーが開始されたことを受け、製品として発売される信ぴょう性は高くなりました。

その後、信ぴょう性を高めるために当ブログ(とんちき録)では、現地協力者によるOne Netbook社(深圳壹号本科技有限公司)現地訪問、プロトタイプモデル(試作品)の記事公開(追記)をしていましたが...本当に発売されました!

既に製品に近い「One Netbook One Mix」のプロトタイプ(試作品)と思われる動画もYoutubeで公開されています。実際に購入を検討している人は過度な期待をせず、人柱になることを覚悟して購入することをおすすめします。



海外通販サイトで続々と販売開始!

One Netbook One Mix」が、海外通販サイトで続々と販売開始となっています。2018年6月上旬に出荷予定を計画していましたが少し遅れがでているようです。現時点では予約受付をしていると考えたほうが良いでしょう。海外通販サイト:AliExpressの複数ストアからも販売が確認できました。

GPD社(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)から、新たな製品として「GPD Pocket」の次世代モデルGPD Pocket 2が発表されました。しかし、ユーザーフィードバックを生かした製品とはいえず、多くのユーザーから不評の声があがっています。今後はOne Netbook社のようなメーカーが注目を集めていくのかもしれません。



お得に購入できる割引クーポン情報

海外通販サイト:GearBestで「One Netbook One Mix」がお得に購入できるクーポン情報が発信されています。この割引クーポンは一定数量のみ適用できます。購入を予定していた人は割引クーポンが使えなくなる前に購入することをおすすめします。(商品にカートを追加してからのPlace Order画面で割引クーポンを入力します)

「One Netbook One Mix」割引クーポン情報
商品名 One Netbook One Mix
割引クーポンコード GB&TAonemix
クーポン後価格:416.99ドル 100点限定 9月30日まで

海外通販サイト:GearBestの登録・注文方法についてはこちらを参考にして注文してみましょう!初めてでもきっと簡単に使えます!

10 件のコメント

  1. メモリ上限 2GB のSoCに8GBも積むのか……

    返信削除
    返信
    1. チャイナマジックで積むんです!
      どうにも信ぴょう性が低い製品のように思えてしまいます。

      削除
    2. Z8350 T3 (BGA592) + DDR3L-RS で 2GB
      Z8350 T4 (BGA1380) + LPDDR3 で 8GB 上限みたいですね。

      削除
    3. 教えていただきありがとうございます!
      プロトタイプモデルを試せるか現地で相談しているところなので、場合によっては詳しい記事が書けるかもしれません。
      おそらく断られると思いますが...。

      削除
  2. 通りすがり2018年5月9日 1:17

    こんにちは、いつも楽しく拝見させておりましたが初めて書き込ませて頂きます。
    やたら高機能かつ高性能ですが何か胡散臭いですね。GPD winとかPocketの成功をみて後追いを狙った感じなのでしょうか?そういえばIndiegogoでメモリ8gbにSSD128gbをデフォルトで積んだMini PCなんてのが有って気になっていましたが、どうにも価格が安すぎるので同じ主催者のプロジェクトを見たら往々に発送がまだなのかとか連絡が無いとか、それに加えて怪しいホームページなどでキナ臭さ満載だったので未だ躊躇しております。。。
    UMPC気になるんですが、やはりGPDとかGOLE1とかある程度信憑性があるものに投資した方がよさそうですね。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      問い合わせした内容がクラウドファンディングでよくある定番の回答に重なる部分が多かったので、個人的に信ぴょう性が低い製品として記事公開をしています。実際に発売されるようなら評価したいです!

      IGGでクラウドファンディングが開始された「Mini PC」は安価で使う用途によっては非常に魅力的な製品だと思います。

      ただ、価格・製品仕様に疑問が残る点があり出資を見送りました。考えは人それぞれなのでプロジェクトを応援したい!という気持ちが強いようであれば出資するのもアリなのではないでしょうか。
      実現できるかは別ですが…。

      削除
  3. GPD Pocketのクラウドファンディングの際はお世話になりました。
    この製品もいいとは思いますが、本当に製品化されるのか???ですね。
    GPD Pocketを知人に譲るので、初期化をしたいのですが、安全な?初期化の方法をご存知でしたら教えていただきたく、よろしくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. ほかの大手海外通販サイトからのプレオーダーの受け付けが開始されたことを受け、製品化される信ぴょう性は高くなりました。
      既存の有名ブランドからの発売なので、完成度がわからないことを考えると様子見をした方が無難でしょう。

      「GPD Pocket クリーンインストール」で検索すれば、幸せになれるかもしれません。

      削除
  4. geekbuyingにて、DHL Expressで注文していました。6月22日夕方、発送のメールが届きました。トラッキングナンバー付きで、現在地はTSUENWAN-HONGKONGでした。

    返信削除
    返信
    1. 中国国内では既に販売が開始され多くの高評価が得られているようです。
      今月中には届きそうですね!

      削除

© とんちき録 | All rights reserved.
とんちき録とは | ご利用にあたって | プライバシーポリシー | お問い合わせ | 読者企画・ご提案