2018/05/19

「わたしのファミカセ展」2018年度図録を購入!展示されたファミカセ全250作品とストーリーをすべて収録!?

クリエイターによるファミカセのラベルをキャンバスにデザインする「わたしのファミカセ展」、2005年から毎年行われている展示ですが、2018年度からは展示されたファミカセの図録が販売されています。合わせて「ファミ詣」2018オフィシャルシャツも購入したので簡単に見ていきます!



「わたしのファミカセ展」とは

国内外のクリエイターが、ファミカセのラベルをキャンバスにデザインする「わたしのファミカセ展」は、2005年から東京・中野にある会場:SF gallery.で、年1回の催しとしてゴールデンウィーク期間中の5月に開催されています。2018年度は全250作品が展示され初めて図録が販売されました。

過去(2005年~)に展示された作品は「MY FAMICASE EXHIBITION」でも確認できます。


スポンサーリンク

「わたしのファミカセ展」2018年度図録

2018年度から初めて発売された「わたしのファミカセ展」の図録を購入しました。展示会場では全250作品が壁掛けられた状態で展示されているので、すべてのストーリーをゆっくりと読むことができなかったり、見逃してしまった作品もあると思います。

発売された図録があれば、展示された全250作品、ストーリーをゆっくりと見ることができるでしょう。図録はB6サイズ、ソフトカバー、276ページ(内、フルカラー249ページ)です。

クリエイターによる個性豊かな作品が図録におさめられています。実際に発売されたら面白いのになぁという作品がきっと見つかることでしょう。

展示会ではB6サイズの全展示作品、ストーリーが書かれたポスターが配布されていますが、通販サイトで購入した場合でも先着順で折りたたんだ状態で付属します。



「ファミ詣」2018オフィシャルシャツ

毎年1月末に開催されるイベント「ファミ詣」2018オフィシャルシャツを合わせて購入しました。「テトリス」のゲームタイトル画面でおなじみの「聖ワシリイ大聖堂(ロシア)」がドット絵で描かれています。

ほかにもSF DEPT.(通販サイト:MHz SHOP / METEOR)では、国内外からのGEEKなセレクトアイテム、ドメスティックブランドの取り扱いをしています。

ここでしか手に入らないGEEKなセレクトアイテムも多いことから、興味がある人は一度のぞいてみると良いでしょう。

※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用を禁止します。また、コメント欄での質問は基本的にお答えしません。


スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿