2018/03/14

3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」を組み立てる!週刊とんちき3Dプリンター4号 Y軸インストール編!

海外通販サイトで売れている3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」の組立方法、使い方を定期的に解説していく「週刊とんちき3Dプリンター」の4号(記事公開)です。今回は「Y軸インストール」の組み立てを進めていきます。組立未経験な筆者が3Dプリンターの組み立てにチャレンジしていきます!




3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」Y軸インストール編

「週刊とんちき3Dプリンター」では、おそらく海外通販サイトで一番売れている、TEVO社(TEVO 3D Electronic Technology Co., Ltd.)の3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」の組立方法、使い方を定期的に解説していきます。3Dプリンターの組立未経験の筆者の体験談をお楽しみください。

このコラムでは、アップグレードパーツを含めたフルセットの組立キット(Auto Large Dual Flex)を使って組み立てを進めていきます。


スポンサーリンク

マニュアルどおりに

3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」には、組立マニュアル(TEVO TARANTULA ASSEMBLY MANUAL)が付属しています。今回はY軸インストール(Y-Axis Installation)の組み立てを進めていきます。

組み立てに必要な小袋(Bag)、パーツ(Item)を確認しながら、ゆっくりと組み立てを進めていきます。



パーツを確認していく

Y軸インストール(Y-Axis Installation)の組み立てを進めていきます。まずは組み立てに必要なパーツ(Bag、Item)を確認していきます。前回(週刊とんちき3Dプリンター 第3号)の組み立てで余ったBフロアの小袋「B-3」、アクリルパーツを用意しましょう。

次に、前回(週刊とんちき3Dプリンター 第3号)の組み立てで完成した三つ目のパーツを用意します。この完成パーツをフレームに取り付ける作業を進めていきます。

小袋「B-2」、アクリルパーツ、ベルト(GT2 Belt)、結束バンド(Zip Tie)といったパーツも必要ですが、パーツの組み立てで合わせて解説していきます。



パーツの組み立て

完成パーツをフレームに合わせます。アクリルパーツの凹みと、フレームの角が合うように完成パーツを取り付けます。フレームの取り付け場所(ステッピングモータ側に細いフレームパーツが直立しています)が、わからないという場合は、この記事最後の完成画像を参考にしてください。

古い組立マニュアルではステッピングモーターの取り付け位置が逆に書かれていて、事故にあう人も多かったようです。ちなみに最新版の組立マニュアルでは訂正されています。気を取り直して…ステッピングモーターに滑車(GT2 Pulley)を取り付けます。

滑車(GT2 Pulley)をステッピングモーターにセットし、六角レンチでゆっくりと滑車(GT2 Pulley)を固定します。(2カ所)

フレームの凹みに合わせて、ズレがないように滑車(GT2 Pulley)を取り付けます。

完成パーツの取り付けが終わったら、反対側にアクリルパーツを固定します。

ナットは手で回して軽く固定させれば十分です。

アクリルパーツの凹みと、フレームの角が合うように取り付けます。

次に造形ベッド(週刊とんちき3Dプリンター 第2号)をフレームにセットします。造形ベッドを上下させてみて(スライドさせるのではなく、少し持ち上げるように上下させて)、グラグラするようであれば造形ベッドをレンチで調整します。

上下のグラつきもなく、スムーズにスライドできるように調整します。

Bフロアの小袋「B-2」、アクリルパーツ2枚を用意します。小袋に入っている部品はすべて使います。

小袋「B-2」の使う部品だけを用意します。アクリルパーツに貼り付けられている保護シートをはがします。

2つのアクリルパーツにナットを取り付けます。手で軽く固定させれば十分です。

アクリルパーツの凹みと、フレームの角が合うように取り付けます。後で取り付けるベルト(GT2 Belt)のたわみを直したいという場合には、気持ち少し前に取り付けても良いでしょう。

小袋「B-2」に入っている部品を組み合わせます。画像のパーツのような組み合わせです。

取り付けたアクリルパーツに、組み合わせた2つのパーツを取り付けます。

もう片方のアクリルパーツを取り付けたら、ロックナットを工具を使って締めていきます。(工具は小袋「B-6-4」入っています)

アイドラ(ベルトを通す車)2つが、指でクルクルと回ることを確認します。きつく締めるのではなく、少しあそび(スキマ)がある方が良いです。

フレームに取り付けた造形ベッドにベルトを通していきます。Bフロアにあるベルト(GT2 Belt)、結束バンド(Zip Tie)を用意しましょう。

ベルトをフレームの穴に通します。ベルトのギザギザした面を上にしましょう。(フレーム中央の大きな穴にベルトを通します)

フレームの反対側にベルトが通ったら、ステッピングモーターに取り付けられている滑車(GT2 Pulley)と、アイドラの上面を通るようにベルトを引っ張りましょう。

造形ベッドの穴にベルトを通します。

ベルトを結束バンドでしっかりと固定します。結束バンドは2本使って確実に固定しましょう。

結束バンド、ベルトの長さをニッパーなどで切って整えます。

フレーム内に通したベルトがねじれていないことを十分に確認し、造形ベッドのもう片方にベルトを同じように取り付けます。

ベルトをしっかりと引っ張り結束バンドで固定します。ベルトのたわみが大きいようであればフレームに取り付けたアクリルパーツを引っ張るなどして調整しましょう。

ベルト(GT2 Belt)は緩んでいても、張り過ぎていても、きれいに印刷ができません。この部分については実際に試行錯誤をして覚えていくことが重要なようです。



Y軸インストールが完成!

3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」の、Y軸インストール(Y-Axis Installation)の組み立てが完成しました!少しだけ3Dプリンターらしく見えてきました。組み立ててしまうとあっという間の簡単な作業だったように感じます。

アクリルパーツはホコリが付きやすい性質があるので、そういったことが気になるという人は、静電気防止の評価が高い「ポリケア」などを使うと良いと思います。

次回の「週刊とんちき3Dプリンター 第5号(X軸インストール)」では、3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」の「X軸インストール」の組み立てを予定しています!やっと3Dプリンターらしく見えてきました。これからも完成に向けて少しずつ組み立てを進めていきます!

関連記事:「TEVO Tarantula」を組み立てよう!

※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用を禁止します。



スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿