2018/02/25

アーケードゲームが遊べる!「パンドラボックス(Pandora's Box)」の小型アーケード筐体が気になる!

中華系の海外通販サイトで販売されている「パンドラボックス(Pandora's Box)」は、アーケードゲームのエミュレータ基板です。基板型、コントローラ型、小型アーケード筐体など、多くの種類・デザインで幅広く販売されています。なんとも気になるパンドラボックスを簡単に見ていきます!




「パンドラボックス(Pandora's Box)」とは

数百種類のアーケードゲームを中心に内蔵しているエミュレータ基板が「パンドラボックス(Pandora's Box)」です。中華圏では「月光寶盒」と呼ばれています。販売されている種類は、基板型、コントローラ型、小型アーケード筐体と多くの種類・デザイン・バージョンが発売されています。

現在、多く販売されているモデルはパンドラボックス5で、従来のバージョンに比べると高解像度(FULL HD)、高音質、ロード時間の短縮、操作設定といった機能が強化されています。


スポンサーリンク

内蔵されているゲーム

パンドラボックス(Pandora's Box)」に内蔵されているゲームは、同じバージョンであってもバージョン数字の後ろの文字・リビジョンなどによって異なります。パンドラボックス5の場合でも、多くのゲームタイトル(900種類以上)が内蔵されています。

昔のアーケードゲームが中心に収録されているので、きっと遊んだことがあるゲームを見つけることができるでしょう。内蔵ゲーム(microSDカード)の書き換え方法などは、Youtubeなどで公開されています。



小型アーケード筐体

気になったのが「パンドラボックス(Pandora's Box)」を搭載したアーケード筐体です。12インチのディスプレイ、アーケードスティック・ボタン、スピーカーが搭載されていて、手軽で本格的なアーケードゲーム体験が味わえます。

コイン投入口を搭載した小型アーケード筐体も発売されています。アーケードゲーム好きな人には、貯金箱として活躍できるかもしれません。

2プレイヤー対応の小型アーケード筐体もあり、自分のスタイル・好みにあったデザインを選べます。

1プレイヤーモデルの多くが、本体サイズ(45(H) x 35(W) x 35(D) cm)、重量は11Kgと小型、販売価格も約2~4万円で販売されています。ただし、別途送料が1万円近くかかります。定期的にセール価格で販売されているので、そこを狙いましょう!

アーケードスティック・ボタンは三和電子のコピー品が搭載されていることが多いようなので、操作にもこだわりたいという人は純正品と交換すると良いでしょう。



まとめ

中華系の海外通販サイトで広く販売されている「パンドラボックス(Pandora's Box)」は、アーケードゲームのエミュレータ基板です。基板型、コントローラ型、小型アーケード筐体と多くの種類・デザイン・バージョンが発売されています。アーケードゲームを中心として多くのゲームタイトルが収録されていることも特徴です。

多くのユーザーからも高い評価を得ている「パンドラボックス(Pandora's Box)」は、手軽に購入できる価格帯で販売されています。興味がある・欲しいという人は、自分にあったスタイル・デザインを見つけるのも面白いと思います。

※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用の一切を禁止します。


スポンサーリンク

5 件のコメント:

  1. retro-bitみたいないろんな会社からライセンスを得たメーカーがこういうの出せばいいのにねぇ
    蟻でこんなに出品されてるって事は需要はあるんだし

    返信削除
    返信
    1. パンドラボックスは、かなり売れているようですからね。多種多様な商品・シリーズ化されているくらいなので…。
      きちんとしたメーカーから、安価に提供してくれれば嬉しいですね!
      現状では、その手の自作キットを購入するか、安価な商品(パンドラボックスなど)を購入するほかなさそうですね。

      削除
  2. パンドラ王子2018年3月3日 12:18

    はじめまして!
    いつもブログを拝見して参考にさせていただいてます。

    記事中に「内蔵ゲーム(microSDカード)の書き換え方法などは・・・」とありますが、なかなか該当するyoutubeが探し出せません。該当動画先を教えてもらえませんでしょうか。宜しくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. 記事公開から数日経過していることもあり、残っている履歴を探しましたが見つけられませんでした。おそらく中華系情報サイト・動画サイトで見つけたうえで記事公開したものと考えられます。
      YoutubeではmicroSDカードのバックアップくらいしか公開されていないようです。

      削除
  3. パンドラ王子2018年3月4日 22:41

    返信ありがとうございます。「内蔵ゲーム(microSDカード)の書き換え方法など・・・」とは、microSDカードのバックアップが出来るという意味なんですね。個別ゲームの追加や削除が出来るという意味ではないんですね、残念。

    今後も新しい情報発信を楽しみにブログを拝見させていただきます。

    返信削除