2018/02/14

海外通販サイトで売れている3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」を選んだ理由!はじめての3Dプリンターの組み立てにチャレンジ!【コラム】

海外通販サイトで気になっていた3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」が届きました!この3Dプリンター組立キットは、TEVO社(TEVO 3D Electronic Technology Co., Ltd.)から発売されている安価な組立キットで、海外通販サイトでよく売れている製品です。今回はこの3Dプリンター組立キットを選んだ理由を書いていきます。これから、初めての3Dプリンターの組み立てにチャレンジしていきます!



3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」


3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」は、中国の湛江市に本社を構えるTEVO社(TEVO 3D Electronic Technology Co., Ltd.)の製品の一つです。TEVO社は多くの3Dプリンター組立キットを海外通販サイトで広く販売しています。自分で組み立てるという、わずらわしさはあるものの販売価格に似合わないスペックの高さが人気の一つだと考えられます。

個人的に3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」を選んだ理由を書いていきます。あくまでも個人的な考え(コラム)なので、一つの参考としていただければと思います。開封した画像と一緒にお楽しみください。


スポンサーリンク

高コストパフォーマンスだから


3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」を選んだ理由の一つは「価格が安く、スペックが高い」からです。自分で組み立てをしなければならないというデメリットはありますが、大手有名メーカーから発売されている3Dプリンター(エントリー、スタンダードモデル)と比べてみても、見劣りする部分は少なく感じられます。
買うからには安くても、スペックが高い3Dプリンターが欲しいですよね。そんな期待に3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」は応えてくれるかも!?


売れているから


同じようなスペックで安価な3Dプリンター組立キットは広く販売されています。探せばもっと安い製品はあるでしょう。ではなぜ3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」を選んだかというと「売れているから」です。おそらく、3Dプリンター組立キットでは一番売れているように感じています。
売れていない製品の多くは、ファームウェアのバージョンアップ、メンテナンス製品の販売などがされておらず、部品の破損などで故障した場合には「使い捨て」と割り切る必要があります。
その点、売れている3Dプリンター組立キットは、アップグレードパーツ、メンテナンス部品・消耗品(フィラメントなど)の販売、ファームウェアのバージョンアップが行われています。
そして、何よりユーザー数が多く(Facebookグループのメンバー数は40,000人以上)いるので、組立方法の解説動画、困ったことがあった場合の解決方法などが多く公開されています。
ただ、安くてスペックが高いだけではなく、そういった点を考えても3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」は魅力的です。


初めての3Dプリンターだから


本格的な趣味や商用利用を考えているのであれば、メンテナンス・保証を期待できる大手有名メーカーから発売されている3Dプリンター(既製品)を使うことも考えられます。しかし、初めての3Dプリンター、趣味として使う分には、時間をかけて、その構造・使い方を理解できる組立キットの方が楽しめると思いました。
自分で組み立てることにより、3Dプリンターの構造を理解できるので、万が一に壊れた場合に対応できるという点も重視しました。自分で組み立てるという、わずらわしさはありますが、3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」のコストパフォーマンスを考えると満足できる製品です。


ゆっくり組み立て


3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」には、組み立てに必要な最低限のパーツを集めたスタンダードの組立キットから、別売りのアップグレードパーツを含めた組み合わせの組立キットを選べます。もともとの販売価格が安いこと、後からパーツを注文するのが面倒なので、思い切ってフルセットの組立キット(Auto Large Dual Flex)を注文しました。
多くの海外通販サイトで「TEVO Tarantula」は発売されています。しかし、商品ページに最新版と書かれていながら古いキットを出荷しているケースもあるようです。なので、組立キットが最新版であること、総合的な安全性(配送・保証・トラブル対応)を考えて海外通販サイト:GearBestで購入しました。
3Dプリンターの組み立てには、多くの時間が必要です。デアゴスティーニ・ジャパンから発売された「マイ3Dプリンター」のような、ゆっくりとしたペースで「TEVO Tarantula」の組み立てにチャレンジしていきます!
3Dプリンター組立キット「TEVO Tarantula」に付属のマニュアルは英語表記だけなので、時間があれば日本語で解説できればと考えています。「週刊とんちき3Dプリンター」を乞うご期待!果たして無事に組み立てできるのか!?


※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用の一切を禁止します。


スポンサーリンク

2 件のコメント:

  1. いつもブログ楽しみに拝見させていただいています。

    私はJGAURORA A3の3Dプリンターを使っているのですが
    TEVO Trantulaなかなかいいですね、この値段(約25000円)で金属フレームでPLAだけでなくABSも印刷できるプリンターはなかなかないような気がします。

    しかも33000円でデュアルエクストルーダ(2色のフィラメントで印刷できる)にもなるのなら、JGAURORAよりこっちの方がよかったかも…と思うしだいです。


    JGAURORA A3と似たような価格帯なので、多分似たような構造だと思うのですが
    エクストルーダ付近にイモネジで固定するサーミスタケーブル(フィラメントを溶かす温度を検知するケーブル)は、固定時にネジの締め加減を誤ると断線しやすかったりするので、Aliで予備を買っておくといいかもしれませんね。
    (私は組み立て終盤で断線させてしまい、aliで注文して届くまで、待ちぼうけをくらいました…1本予備は入っていたのですが、それも断線させてしまいましたorz)

    3Dプリンターを使いこなすと、魔法の道具になりますよ。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうござます。
      今週末に組み立てを進めていこうと思っていただけに、ポイントを教えてくださり感謝です!しっかり組み立てしようと考えると、やっぱりネジを固く締めすぎてしまいますからね…気を付けたいと思います!

      はじめは公開されているサンプルデータの造形出力を楽しんでいこうと思います!

      削除