2017/12/28

ゲームボーイマクロ(Gameboy Macro)のカスタマイズモデルが販売中!互換機ではない!?

2006年に発売された「ニンテンドーDS Lite」を、ゲームボーイアドバンスカートリッジ専用機に改造したゲームコンソールを「ゲームボーイマクロ(Gameboy Macro)」と呼びます。詳しい改造方法は公開されていますが、完成度が高いカスタマイズモデルの販売が確認できたので紹介していきます。



ゲームボーイマクロ(Gameboy Macro)とは

2006年3月に発売された「ニンテンドーDS Lite」は、3インチのバックライト付きTFTカラー液晶ディスプレイを搭載し、ニンテンドーDSソフトだけでなく、ゲームボーイアドバンスカートリッジも遊べる仕様になっています。

このニンテンドーDS Liteの、上画面を取り外し、ゲームボーイアドバンスカートリッジ専用機に改造をしたものが「ゲームボーイマクロ(Gameboy Macro)」です。一部のレトロゲームマニアに注目されているゲームコンソールですが、完成度が高いカスタマイズモデルの販売を確認できたので紹介していきます。



完成度が高いカスタマイズモデル

英国ロンドンのアーティスト「Obirux」から発表・発売されている「ゲームボーイマクロ(Gameboy Macro)」は、完成度が高いゲームコンソールとして有名です。ゲームボーイマクロのほかにも多数のゲームコンソールのカスタマイズモデルを販売していますが、すべての商品が完売しています。(2018年3月25日現在)

個人的には「GAMEBOY Macro DMG」が気になりますが、それ以外のスーパーファミコン、ファミコンモデルといったカスタマイズモデルも注目です。

世界中のレトロゲーマーからの注目も高く、それだけに発表・販売されているゲームコンソールの完成度も納得の出来栄えです。

ゲームボーイアドバンスカートリッジ専用機なので、4ボタン(ABXYボタン)から、2ボタン(ABボタン)に変更されています。また、画面レンズ・本体裏面のラベルは「Obiruxオリジナル」のものに変更されています。

注文された商品は、破損などを防ぐために専用ボックスに入れて出荷されます。販売価格は、£127.70~(約2万円)ですが、一点一点を手作業で仕上げているカスタマイズモデルとしては良心的な販売価格だと考えられます。



カスタマイズモデルが欲しい!

Obirux」から発表・発売されているゲームコンソールはすべて完売しています。しかし、ゲームボーイマクロ(Gameboy Macro)については、直接コンタクトを取ることでオーダーが可能といった記載が商品ページにされています。

定期的に商品は補充されているようですが、どうしても手に入れたい・興味があるという人は「Obirux」に直接コンタクトを取ってみてはいかがでしょうか。「ゲームボーイマクロ(Gameboy Macro)」の改造方法は詳しく解説されているので、時間がある人は自作しても良いと思います!

※画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用の一切を禁止します。本記事で公開されている画像はObiruxから使用許可をいただいています。



0 件のコメント:

コメントを投稿