2017/11/29

「Chuwi SurBook mini」をレビュー!Surfaceデザイン、10.8インチの小型・軽量なWindows 10搭載の2 in 1 タブレットノートブック!

2017年11月にCHUWIから発売された「Chuwi SurBook mini」は、Microsoft Surfaceに似たデザイン・コンセプトで、背面キックスタンド、ペン入力をサポートしています。これ1台あればタブレットとしても、パソコンとしても使うことができる2 in 1で、お手ごろ価格で販売されている魅力的な製品です。この気になる小型・軽量な「Chuwi SurBook mini」をレビューしていきます!


「CHUWI」とは


2004年9月に設立された「CHUWI」は、中国のスタートアップ企業として、安価な中華タブレットを販売することにより知名度を上げ、今ではタブレットに限らず、パソコン、充電器、一般家電も発売するグローバル企業に成長しました。
最近では海外クラウドファンディングサイト:INDIEGOGOで「Chuwi SurBook: Affordable 2-in-1 Intel PC Tablet」の出資募集(既に製品化)を行うなど積極的にプロモーション活動を行っています。海外通販サイト:GearBestで先行販売されていた「Chuwi SurBook mini」が届いたのでレビューをしていきます!


スポンサーリンク

「Chuwi SurBook mini」を開封する


Chuwi SurBook mini」は、その名のとおり、海外クラウドファンディングサイト:INDIEGOGOで成功した「Chuwi SurBook」より一回り小さいモデルの製品です。背面キックスタンド、ペン入力をサポートしているので「Microsoft Surface」に似たコンセプト・デザインといえます。
海外通販サイトでスマートフォンやパソコンを購入した場合、検品のために開封した商品が届く場合がありますが、「Chuwi SurBook mini」は未開封品が届きました。パッケージ側面には製品の簡単なスペックシールが貼りつけられています。
パッケージを開封すると「Chuwi SurBook mini」をすぐに見つけることができます。数年前の製品と比べると梱包品質は向上しています。
付属品は、電源アダプタ(海外仕様)、USBケーブル(Type-C)、ユーザーマニュアル、保証書などです。
初期設定はユーザーマニュアル(利用ガイド)を読めばわかります。ユーザーマニュアル(利用ガイド)は多言語サポートで日本語にも対応しています。


「Chuwi SurBook mini」を見ていく


Chuwi SurBook mini」本体には、保護フィルムが標準で貼られています。その上に製品シートが貼られています。CPUはIntel Celeron N3450、ストレージ容量は64GB、メモリは4GB、10.8インチ(解像度1,920 x 1,280)。
こうしてみると一般的なタブレット端末にしか見えませんが、パソコンとしても使うことができる2 in 1です。
背面には、「Microsoft Surface」に似たデザイン・コンセプトの一つであるキックスタンドが搭載されています。
Chuwi SurBook mini」には、取り外し可能なキーボードを接続できます。キーボード・ペンは付属していないので別途購入する必要があります。Bluetooth対応なので、お好みのキーボードを用意して使うと良いでしょう。
本体サイズは 26.80 x 18.30 x 0.88 cm、重量は748g(実測値は740g)と、手に取ってみると想像していたよりも薄型で軽いという印象を持ちました。
側面にはI/Oポート(USB Type-C x 1、USB 3.0 x 2、オーディオジャック)が用意されています。USB Type-Cポートで充電・給電をします。3時間の充電で、5時間の動画鑑賞(または6時間のオフィス作業)ができます。
上部には電源ボタン、音量ボタン(+、-)が用意されています。ファンレスのためか本体側面には放熱穴を多数確認できます。
キックスタンドはスムーズ・シームレスに動作し、自分好みに開いた角度で使うことができます。
microSDスロットはキックスタンドを大きく開くことで見つけられます。microSDカードは最大128GBまでをサポートしています。
本体側にマグネットが内蔵されていて、キックスタンド側のメタルプレートと、スキマなく密着します。簡単に外れてしまうことはありません。
キックスタンド下の中央には、製品名・シリアルナンバーが印字されています。
背面のキックスタンドには「CHUWI」ブランドロゴのみで、それ以外の印字などはありません。自分好みのステッカーなどを貼りつけても良いでしょう。
背面上部には、カメラが搭載されています。インカメラ・アウトカメラともに2.0MPです。
Chuwi SurBook mini背面キックスタンドの最大開度は125度とアナウンスされていますが、実測して確認したところ最大開度125度で間違いありません。
最大開度125度で開いた場合の背面です。金属製の筐体はしっかりした作りなので普段使いにも安心して使っていけるでしょう。


詳しいスペックや販売価格はこちら


Chuwi SurBook mini」の正確なスペックや、販売価格は下記リンクで確認できます。発売前の古い情報を発信しているサイト・ブログもあるようなので、購入する前に確認してみると良いでしょう。
「Chuwi SurBook mini」スペック・販売価格
公式サイト:詳細スペック CHUWI 公式サイト
販売価格(GearBest) 「Chuwi SurBook mini」
専用アクセサリ(GearBest) 専用キーボード・ペン
先行発売(数量限定)で、お手頃価格で「Chuwi SurBook mini」は発売中です!


まとめ


Microsoft Surfaceに似たデザイン・コンセプトの「Chuwi SurBook mini」は、先にCHUWIから発売された12.3インチ「Chuwi SurBook」の小型モデルにも関わらず、普段使いとしては十分なスペックを満たし、パソコンとタブレットの1台2役をこなすことができる製品です。
キックスタンドはシームレスに動作し最大開度125度、動画鑑賞やオフィス作業、ペンを使って絵を描くこともできます。ただし、キーボードとペンは「Chuwi SurBook mini」本体には付属していないので別途購入する必要があります。(現在でも販売は開始されていません)
その分、先行販売(数量限定)として、お手ごろ価格で販売されていることから、私のように自分好みの周辺機器を使いたいという人や、少しでも安く「Chuwi SurBook mini」本体だけを先に購入しておきたいという人には、おすすめできる製品です。


※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用の一切を禁止します。


スポンサーリンク

2 件のコメント:

  1. はじめまして

    ショップは違いますが、最近この製品を購入したのですが実はトラブってまして・・・。
    私の場合、届いてすぐ満充電させてから電源を入れようとしたのですが、何度電源ボタンを操作しても電源が入らない状態でして・・・。
    何かの表紙に1度だけ電源が入って、その際にはWindowsの初期設定まで完了させることが出来たのですが、電源が入ったのがその1回だけの状況です。

    特に特別な操作なく電源ボタンを1~2秒押し続けることで電源って入りますよね?

    返信削除
    返信
    1. まさに本日アクセサリー類が届いたので、色々と遊んでいました。
      「Chuwi SurBook mini」は、電源ボタンを1~2秒押すだけで電源が入ります。満充電を行ったとありますが、付属の充電器で行っていますか?

      私が所持している一部のType-Cケーブルや、ほかの充電器では充電できない場合もありました(´・ω・`)

      削除