2017/12/08

4K・HDR 対応の新型「Fire TV (New モデル)」は、 ストリーミングサービスをTVで楽しむのに最適だった!

2017年10月25日に発売された4K・HDR 対応の新型「Fire TV (New モデル)」は、旧型に比べると価格も安く、Fire TV Stickよりも高性能(高画質・高音質)になっていることが特長です。Amazonプライムビデオや、プライムミュージック、ゲームアプリ、その他のストリーミングサービスを利用するのに最適なデバイスです。



新型「Fire TV (New モデル)」とは


Fire TV」は新旧モデルのどちらもアマゾンで購入できますが、新型の「Fire TV (New モデル)」は、旧型と比べると本体サイズが小型化し、HDR対応、より高音質へと性能がアップしています。価格も3,000円ほど安くなりお求めやすくなっていることも特長です。
Amazonプライムビデオだけでなく、プライムミュージックやゲームアプリ、Hulu、Netflix、AbemaTV、DAZNなどのストリーミングサービスにも対応しています。性能もアップしたことで、今までよりも高画質・高音質な動画・音楽鑑賞を楽しむことができるでしょう。

スポンサーリンク

新型「Fire TV (New モデル)」を見ていく


4K・HDR 対応の新型「Fire TV (New モデル)」は、Fire TVシリーズ(Fire TV、Fire TV Stick)の中でも一番の性能があるデバイスです。早速、パッケージ内容を確認していきます。
内箱は上下で開く構造になっていて、リモコン、付属品、「Fire TV (New モデル)」本体で分かれて収納されています。
本体をのぞく付属品は、取扱説明書、リモコン、単4電池2本、電源アダプター、USBケーブルが付属します。
リモコンを上にスライドさせることで単4電池を収納できます。リモコンのボタン部分を押さえながらカバーをスライドさせると簡単に開きます。
単4電池2本は同じ方向にセットします。単4電池が同梱されているのも便利ですね。
4K・HDR 対応の新型「Fire TV (New モデル)」は、旧型に比べると本体サイズは、かなり小さくなっています。本体の大きさは、旧型:115mm x 115mm x 17.8mmで、新型:65.0 mm x 65.0 mm x 15.0 mmです。
セットアップは簡単です。Fire TVをテレビのHDMI端子に接続し、コンセントにつないで、インターネットに接続するだけの3ステップのみ。
4K・HDR 対応の新型「Fire TV (New モデル)」は、「Fire TV Stick (New モデル)」よりも高画質・高音質で、より臨場感があふれる映像・音楽を楽しむことができるデバイスです。


乗り換え・購入する場合の注意


新型「Fire TV (New モデル)」は、本体サイズが小型化し、HDR対応、高音質と性能がアップしていて、よりストリーミングサービスに特化したデバイスに仕上がりましたが、旧型にあった機能の一部が無くなっています。

1.いくつかのI/Oポートが無くなった
USB端子、microSDカードスロット、イーサネット端子が無くなりました。イーサネット端子については、別売りの「Amazonイーサネットアダプタ」を別途購入すれば対応できます。

2.ミラーリング機能が削除されている
アプリを使ってミラーリングしても、動画が途中で止まってしまうようです。どうしてもミラーリング機能が使いたいという方は、旧型の「Fire TV」か「Fire TV Stick (New モデル)」を購入しましょう。

3.音が小さく感じる
旧モデルに比べると音量を小さく感じている方もいるようです。
(テレビによる個体差の可能性もあり)


「Fire TV Stick (New モデル)」より買い!


そこそこの高音質・高画質で良ければ、少し価格が安い「Fire TV Stick (New モデル)」でも十分だと考えらえます。しかし、そうそう買い替えをする製品でもないし、将来的に4K・HDR対応のテレビに買い替えすることも考えられます。
そういった意味でも、より性能が高い4K・HDR 対応の新型「Fire TV (New モデル)」の方が買いだといえるでしょう。性能はともかくとして、価格とミラーリング機能が重要だという方は「Fire TV Stick (New モデル)」でも十分でしょう。


こんな方におすすめ


4K・HDR 対応の新型「Fire TV (New モデル)」は、プライム会員の無料サービス:Amazonプライムビデオプライムミュージックの鑑賞や、ゲームアプリを遊ぶ場合はもちろん、テレビの機能でHulu、Netflix、AbemaTV、DAZNなどのストリーミングサービスを利用していて、もっさりとした動作に不満があるという方に最適なデバイスです。
リモコンの音声認識も精度が良いので、目的のタイトルを簡単に見つけることができるでしょう。旧型にあった機能がいくつか無くなりましたが、新型では高画質・高音質で、鑑賞に最適化されたデバイスに仕上がっています。また、旧型よりも販売価格が3,000円安くなりお求めやすくなりました。

スマートフォンやタブレットでも映像・音楽の鑑賞はできますが、Fire TVシリーズ(Fire TV、Fire TV Stick)の中でも一番の性能がある4K・HDR 対応の新型「Fire TV (New モデル)」で、より臨場感あふれる映像を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用の一切を禁止します。


スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿