2018/02/04

Bluetooth4.0と2.4GHzの両方に対応した薄型ワイヤレスマウス「Xiaomi Mi Portable Mouse」をレビュー

最近では、外出先にXiaomi MI Notebook Airを持ち出すことが多くなりました。そこで、気になったのが、Bluetooth4.0と2.4GHzの無線接続の両方に対応した薄型ワイヤレスマウス「Xiaomi MI Portable Mouse」です。気になったのなら試せば良い!ということでレビューをしていきます。手軽に持ち運びできるコンパクトなマウスです。



「Xiaomi Mi Portable Mouse」とは


Xiaomi MI Portable Mouse」は、高コストパフォーマンス製品を発売していることで有名な小米科技(Xiaomi(シャオミ))から発売されている、Bluetooth4.0と2.4Ghzの無線接続の両方に対応した薄型ワイヤレスマウスです。純正品というだけに「Xiaomi MI Notebook Air」とのデザイン性を含めた相性もバッチリです。
Bluetooth搭載機にはBluetoothで接続、Bluetooth非搭載機には2.4Ghzの無線で接続できるという特長を持っています。Windows 8以降、macOS 10.10以降、Android機器に対応しています。


「Xiaomi Mi Portable Mouse」を見ていく


Xiaomi MI Portable Mouse」のカラーはシルバー・シャンパンゴールド・ダークグレイの3種類が発売されています。先に購入していた「Xiaomi MI Notebook Air」のカラーに合わせてシルバーを購入しました。
Xiaomi製品のパッケージ(外箱)はシンプルでいて、統一されたデザインに仕上げられています。正式な商品名は「小米便携鼠标参数」、型番:XMSB01MW(旧モデル) / XMSB02MWです。
開封すると薄型ワイヤレスマウス「Xiaomi MI Portable Mouse」が目に入ります。アルミニウム合金製とABS素材のボディが採用されています。「Xiaomi MI Notebook Air」よりも輝きがあるシルバーで、人によってはチープに見えるかもしれません。
付属の説明書には、Bluetooth接続方法、2.4Ghzのワイヤレス接続方法が記載されています。言語は中国語のみですが、記載されているイラストで十分に理解できます。


薄型で軽量、無線レシーバーも付属


Xiaomi MI Portable Mouse」の本体サイズは、110.2 x 57.2 x 23.6 mmと手のひらにしっくりとくるコンパクトボディ、重量は77.5と公式発表されていますが、この数値は単4電池2本を含めた重量です。本体だけの重量は約55g(実測値)と軽量です。
電池カバーはくるりと回すだけで簡単に外せます。画像でもわかるとおり、2.4Ghzの無線で接続するために必要な無線レシーバーが収納されています。
普段はBluetooth接続でしか使わないけれど、いざというときに2.4Ghzの無線で接続できるのはうれしいですね。
付属の単4電池(アルカリ)はXiaomi製。外出先で電池残量がなくなっても、電池交換するだけで使うことができるので安心です。
「指示灯」がグリーンの場合は2.4Ghzの無線で接続、ブルーの場合はBluetoothで接続です。このボタンを長押しすればBluetoothのペアリングモードです。
パソコンやタブレットをそれぞれ1台ずつ持ち出しする場合、片方をBluetooth接続、もう片方を2.4Ghzの無線接続にすれば、わざわざペアリングをして切り替えるわずらわしさもありません。


新色・ダークグレイが登場!


Xiaomi MI Portable Mouse」の新色として、多くのユーザーから要望が多かったダークグレイが登場しました!手軽に持ち運びができ、高コストパフォーマンスなマウスなのはわかったけど、販売されているカラーが…と悩んでいた人もこれで安心です!(2017年の年末に販売された新色です)
間違いなく最新ロットの「Xiaomi MI Portable Mouse」を手に入れたいという人は、ダークグレイを購入すると良いでしょう。


実際に使ってみて


薄型・コンパクトなワイヤレスマウス「Xiaomi MI Portable Mouse」は、手軽に持ち運びできるマウスです。接続の安定性・操作性についても問題はなく、外出先でも安心して使うことができるでしょう。普段はBluetooth接続のゲーミングマウスを持ち運びしていましたが、今ではXiaomi Mi Portable Mouseを使っています。
Xiaomi MI Portable Mouse」を使うようになってからは、Xiaomi MI Notebook Airを持ち出す場合には、2.4Ghzの無線で接続、GPD Pocketを持ち出す場合にはBluetooth接続という使い分けをすることにより、ペアリングのわずらわしさを解消できました。
複数のBluetooth接続を切り替えするという問題については、特定のソフトウェアをインストールすることや、複数のBluetooth機器に対応しているマルチデバイスマウス「M720 Triathlon」などを使うことでも解消できます。
海外通販サイトで「Xiaomi MI Portable Mouse」を購入する場合、AliExpressで販売されている多くが旧モデルであることから、新モデルを発売しているGearBestで購入することをおススメします。調べたかぎりでは、製造ロットによる型番変更なのか、不具合を改善したモデルなのかは不明ですが、新モデルを購入することをおすすめします。


※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用の一切を禁止します。


0 件のコメント

コメントを投稿

© とんちき録 | All rights reserved.
プライバシーポリシー | お問い合わせ