2017/08/23

「GPD Pocket」と「Xiaomi MI Notebook Air」の大きさを比べてみよう!【コラム】

国内量販店での販売が決まり注目を集めている「GPD Pocket」と、薄型・軽量・高コストパフォーマンスで、多くの購入者から高評価を得られている「Xiaomi Mi Notebook Air」の大きさを比べてみました。海外通販サイトで人気がある両製品を見比べてみて、ご自身の使用用途に合っているかを確認してみると良いでしょう。


GPD Pocketと、Xiaomi Mi Notebook Air


本記事では注目を集めている「GPD Pocket」と、高評価を得て人気の高い「Xiaomi Mi Notebook Air」の大きさを比べていきます。簡単にいえば一般的なノートパソコンと、UMPC(ウルトラモバイルPC)では、その大きさ・スペックはまったく違うのが当たり前ですが、これからどちらかの製品(または似た製品)を購入しようとしている方の参考になればと思います。

GPD Pocketとは


GPD社(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)からは、過去にはゲームに関わる製品が多く発表されてきましたが、「GPD Pocket」は、日常で気軽に使用できるUMPC(ウルトラモバイルPC)を想定して開発計画された、まったく新しいコンセプトの製品です。
想像していたよりもコンパクトなサイズ感(本体サイズ:180 x 106 x 18.5mm、重量:約480g)、完成度に多くの方から評価されています。国内外の通販サイトでの発売はもちろん、国内量販店での店頭販売も決まり注目を集めている製品です。

Xiaomi Mi Notebook Air


「中国のアップル」と呼ばれ、爆発的な成長を遂げた総合家電メーカーの小米科技(Xiaomi(シャオミと読みます))から発売された「Xiaomi Mi Notebook Air」は、Apple社のMacbook Airのデザイン・スペックを意識した製品に仕上げられていて、薄型・軽量・高コストパフォーマンスとして知られています。
販売されているモデルは、コストパフォーマンスに優れた12.5インチと、よりハイスペックなモデルの13.3インチの2モデルです。(画像は12.5インチモデルのものです)

スポンサーリンク

見比べてみる


「GPD Pocket」と「Xiaomi Mi Notebook Air」の大きさを見比べていきます。簡単にいえば一般的なノートパソコンと、UMPC(ウルトラモバイルPC)では、その大きさはまったく違うのが当たり前ですが、これからどちらかの製品(または似た製品)を購入しようとしている方の参考になればと思います。(参考 : GPD Pocket(本体サイズ:180 x 106 x 18.5mm)、Xiaomi Mi Notebook Air 12(本体サイズ:292 x 202 x12.9mm))
本体サイズで一番厚みが高い部分を比べてみました。どちらもほとんど変わりはありませんが「Xiaomi Mi Notebook Air」の方が薄いことがわかります。
重ねてみるとその違いがよりわかるでしょう。「GPD Pocket」のほうがI/Oポートがコンパクトに集約されています。
「Xiaomi Mi Notebook Air」はコンパクトな12.5インチモデルを「GPD Pocket」の比較対象にしていますが、それでも「GPD Pocket」の圧倒的なサイズ感の違いがわかります。
本体を開いて重ねてみると、フルサイズキーボードが搭載されている「Xiaomi Mi Notebook Air」のほうが操作性は良いですが、片手で手軽に扱うことができるコンパクトな「GPD Pocket」も魅力的です。
 「Xiaomi Mi Notebook Air」は最大開度は135度、対して「GPD Pocket」の最大開度は165度です。また、GPD Pocketはマルチタッチ対応のタッチパネル液晶なのもポイントです。この部分で不自由な操作性をカバーできるところもあるでしょう。
横並びにしてみると、およそ約1/2の大きさに見えます。喫茶店などの小さなテーブル席で作業をする場合には、余裕をもてるのは「GPD Pocket」ですが、作業効率だけを考えれば「Xiaomi Mi Notebook Air」といったところでしょう。

最後に


海外通販サイトで人気がある「GPD Pocket」、「Xiaomi Mi Notebook Air」の大きさを見比べてみましたが、自身の使用用途に合ったモバイルPCはどちらだったでしょうか。日ごろからパソコンなどを持ち歩くことはないけれど、ちょっとした息抜きに持ち運んでみようと考えている方や、作業効率を求める仕事は自宅・仕事場でやるという方には「GPD Pocket」をおススメしたいと思います。
外出先でも一般的な使用用途が多いという方は「Xiaomi Mi Notebook Air」のような、フルサイズキーボードを搭載し、ある程度のスペックが搭載されているモバイルPCを持ち運ぶと良いでしょう。
両方をもっていれば、持ち運びのカバンのサイズ、重さに合わせて持ち運ぶということもできるでしょう。あなたにとって最良な1台を見つけられると良いですね!


※本記事で使用されている画像の無断使用・転載は、いかなる理由があっても禁止させていただきます。


スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿