2017/08/31

「GPD Pocket」を早く欲しい!少しでも安く購入したい!【最新セール情報・購入情報】

海外クラウドファンディングでキャンペーンを行っていた「GPD Pocket」の初回出荷分が国内に到着したのが2017年6月23日、多くの出資者、通販サイトの購入者にGPD Pocketが届いています。現在では初期出荷分より、不具合が改善された安定したモデルが出荷されています。そこでGPD Pocketを少しでも安く購入したい!という情報をまとめてみました。



GPD Pocketが早く欲しい!少しでも安く買いたい!


海外クラウドファンディングで出資募集を行っていた「GPD Pocket」ですが、クラウドファンディングで出資しているのに、まだまだGPD Pocketが届くような気がしないという方、少しでも安く「GPD Pocket」を購入したい!という方のための情報をまとめてみました。
GPD Pocketを購入する方法として、国内外の通販サイトを利用する、オークションで購入するなどが考えられますが、ここでは国内外の通販サイトで「GPD Pocket」を購入する情報をみていきます。

スポンサーリンク

GPD社製品について


GPD社(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)からは、今までにも多くの製品が発表されていますが、その中でも代表格といえる商品が「GPD XD」、「GPD WIN」です。どちらの製品もゲームに関わる製品として発表されました。
GPD Pocket」は、ゲームに関わる製品ではなく、日常で気軽に使用できるUMPC(ウルトラモバイルPC)を想定して開発計画された、まったく新しいコンセプトの製品です。

GPD Pocketを海外通販サイトで購入する


有名な海外通販サイトの一つである「GearBest.com」では、GPD Pocket本体を購入すると「GPD Pocket専用レザーケース($17.96)」、「Smart Reader Type-C HUB($5.51)」が無料で付いてくるキャンペーンを開催しています。
GPD Pocket本体のほかに、GPD Pocket専用レザーケース、Smart Reader Type-C HUBも付属するお得なセット価格は$485.19と最安値を更新しています!定期的・突発的なセールの開催、割引クーポンが発行されることもあるので注目しておくと良いでしょう。



GPD社公式ストア(AliExpress.com)


GPD社公式ストア(AliExpress.com)でも、GPD Pocketが期間限定で販売価格から19%OFFで販売されていて、$485.19で購入できます。GPD Pocket本体とは別に、HDMIケーブル、トラックポイントのキャップ、イヤホン、液晶保護フィルムが付属します。「GearBest」と、GPD社公式ストアの販売価格には差がありませんが、無料特典だけを比べるとGearBestの方が魅力的です。
ただし、AliExpressスマホアプリの初回登録モバイルクーポン($30)を適用すれば$455.19で購入できるようです。スマホアプリの初回登録・期間限定という制約ありますが、試してみる価値はあるかもしれません。モバイルクーポンは、ほかのクーポンとの併用はできない場合があるので注意が必要です。注文後数日で出荷されているようです。



圧倒的な安心とサポート!国内正規販売店


GPD製品の国内正規販売店であるDentOnlineShop(デントオンラインショップ)でも、GPD Pocketの予約受付を行っています。ポータルサイトでの販売価格は、61,980円と、国内クラウドファンディング(Makuake)での超早割コース(数量限定)よりも少しだけ高くはなりますが、それ以外のコースよりは、かなり割安な販売価格になっていることがポイントです。

海外通販サイトとの販売価格と比べてしまうと割高なイメージを持ってしまいますが、デントオンラインショップのサポート対応は、国内の正規販売店のなかでも、ずば抜けた高い評価が得られており、実績も十分にあるので、後々のトラブルを考えるとトータル的に安い買い物になると考えられます。
また、GPD Pocket専用のアクセサリー商品として、GPD Pocket専用強化ガラスフィルム「BODY GUARDIAN Premium」の販売を開始しています。タッチスクリーンを採用しているGPD Pocketで、画面の指紋や汚れが気になる方は合わせて購入することをおススメします。



注意事項


GPD Pocketの初回出荷分では、国内外の多くのユーザーから不具合・初期不良が報告されています。しかし、現在の出荷分については、報告されている問題を解決した改善版が出荷されているという回答が、GPD社(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)広報担当者より得られています。しかし、すべての問題が解決しているとは考えられず、海外製(中華製)という特性上、ある程度のリスクを想定して海外通販サイトを利用することが大切です。

※本記事に記載されている販売価格は、2017年8月31日現在の価格となります。



スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿