2017/05/03

硬度9H!GPD WIN専用の強化ガラス液晶保護フィルム 「SCREEN GUARDIAN」をレビュー

GPD WIN専用の強化ガラス液晶保護フィルム「SCREEN GUARDIAN
GPD社国内正規販売店:DentOnlineShopが直接設計・製造を行ったGPD WIN専用の強化ガラス液晶保護フィルムです。独自の防汚コーティング技術により、最高レベルの防滴・防止効果を発揮できるとアナウンスしている保護フィルムを、売れ筋の他社製液晶保護フィルムと比較してレビューしていきます。


GPD WIN専用の強化ガラス液晶保護フィルム


国内正規販売店:DentOnlineShopが直接設計・製造を行ったGPD WIN専用の強化ガラス液晶保護フィルム「SCREEN GUARDIAN」のレビューをしていきます。正確なレビューをするために、購入したばかりの、GPD WINの新リビジョン アルミシェル版に貼り付けて、しばらく使ったうえで記事作成を行っています。

強化ガラス液晶保護フィルムの種類


GPD WIN専用の強化ガラス液晶保護フィルムは、保護フィルムを貼り付けられている感じがせず、画面が自然に見える光沢タイプと、特殊ブラインド加工により左右からの のぞき見からプライバシーを守ることができるプライバシータイプの2種類が販売されています。

「SCREEN GUARDIAN」を見ていく


強化ガラス液晶保護フィルム「SCREEN GUARDIAN」の実際のパッケージを見ていきます。パッケージを開封すると保護フィルム1枚と、アクセサリーパックを見つけることができます。
アクセサリーパックの中には、アルコール清掃布、ホコリ除去シール、マイクロファイバークロスが各1枚ずつ付属しています。すぐに液晶保護フィルムの貼り付け作業を行うことができます。こういった付属物がきちんと用意されているのはうれしいですね。
強化ガラス液晶保護フィルムの光沢タイプ、プライバシータイプを比較すると、光沢タイプはクリアなガラス素材であるのに対して、プライバシータイプは特殊ブラインド加工がされているので、見る角度によっては黒くみえることがわかります。

スポンサーリンク

のぞき見からプライバシーを守るという目的にほかに、根本的な問題解決にはなりませんが、画面の明るさを調整しても、画面が明るく感じてしまう方には良いかもしれません。また、特殊ブラインド加工の特性上、人によっては細かな線(しましま)が気になる場合があるかもしれません。

画面に貼り付ける


強化ガラス液晶保護フィルム「SCREEN GUARDIAN」をGPD WINに貼り付けてみました。画像を見てもわかるとおり、ガラス素材でない液晶保護フィルムと比べると硬度が高く、少し厚みがあるので画面を傷からより守ってくれることがわかります。サイズ感も問題ありません。
GPD WINの画面部分はゴリラガラス(Gorilla Glass 3)を採用していますが、傷が付かないというわけではないので、より傷から画面を守るという点では、強化ガラス液晶保護フィルムを貼り付けすることをおススメしたいです。

実際の使用感


強化ガラス液晶保護フィルム「SCREEN GUARDIAN」は、過去にもレビューをした売れ筋の他社製液晶保護フィルムと比べると、強化ガラス製であるという利点もあり、硬度が向上されているのでより画面を傷から守ってくれます。また、独自の防汚コーティングをしているとアナウンスしていたとおり、皮脂などの汚れが付いた場合でも、簡単にふき取ることができました。
強化ガラス液晶保護フィルムを貼り付けることで、指紋や皮脂、キーボード・ジョイスティック痕をほとんど気にしなくても良くなりました。指触りもスベスベしているので快適です。画面の見やすさもよりクリアになったように感じています。個人的には売れ筋の他社製液晶保護フィルムより使用感・品質は良いと評価しています。

国内通販サイトを見ると、他にもGPD WIN専用の強化ガラス液晶保護フィルムが発売されているようですが、価格は安くても品質(サイズ感・素材・使用感)が安心できるというものではありませんので、GPD社国内正規販売店から販売されている商品を購入した方が良いと考えられます。



スポンサーリンク

2 件のコメント:

  1. 質問なのですが
    新リビジョンと旧バージョンの
    GPD WINは
    画面の形は同じなんでしょうか?
    欲しいと思ってますが記載ないのでおなじなのかなーどうかなーって
    思ってしまいます

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      結論からいえば新・旧ともに画面の大きさ・形に変更はありません。
      そのような大きな変更があるようであれば、当ブログでは注意事項として駆らず明記しています。また、GPD WINではそのような変更点は一切確認されていませんので安心してください。

      削除