2017/04/02

PGS VAULT が誕生! エイプリルフール ネタなのか!?

ポータルサイト「PGS VAULT
クラウドファンディングサイト Kickstarterで資金調達を行っていた Portable Console for PC games - PGSは、出資者の多くから実現できる仕様ではなく、詐欺なのではないかと疑われ続け、資金調達していたキャンペーンを自らキャンセルしました。その後は、公式サイトを開設し、PRE-ORDERという名目で資金調達を行っています。今回、ポータルサイトである「PGS VAULT」が新たに開設されたので、簡単に見ていきたいと思います!


スポンサーリンク

ポータルサイト「PGS VAULT」 が誕生


毎年、4月1日は嘘をついても良いという風習があるエイプリルフールです。そんな日付になったころ Portable Console for PC games - PGSの開発チームであるPGS LABより、ポータルサイト「PGS VAULT」が誕生したという知らせが届きました。

選ばれた方のみ


ポータルサイトである「PGS VAULT」は選ばれた方のみアクセスができるとされていますが、実際にはPGSの事前予約をした方、サポートサービスからのアクセス、または別のユーザーからの招待された方が対象になっています。


「PGS VAULT」 アクセスパスワード


ちなみに「PGS VAULT」のアクセスパスワードはメールアドレス登録を行うことにより、誰でも簡単に入手できます。ちなみに、アクセスパスワードは「pgs.pro」です。
PGS LABは、どのような方法でポータルサイトを閲覧したかといったことは問題ではなく、本当に重要なことは、PGSプロジェクトに興味をもち、ポータルサイトに見ていることだと説明しています。(当ブログでは、PGS LABの考えに賛同し、アクセスパスワードの公開をしています)

協力者を募集


PGS VAULTをとおして、PGSプロジェクトの協力者を募集しています。内容としては、公式サイト、ブログの日本語校正や翻訳の担当、プロトタイプのベータテスター、YouTubeチャンネルでプロジェクトの顔となってくれる協力者を募集しています。協力者には報酬として、アクセサリーパックと一緒に製品の割引ギフトや、100%割引ギフトが提供される予定だとアナウンスしています。

疑問に思える部分


PGS VAULTに記載されている全文翻訳し、内容を確認した上で疑問に思える部分が確認できました。Kickstarterキャンペーンでは、開発チームに日本人のエンジニアがいるというアナウンスがされていましたが、PGS VAULTでは、日本語を話せる(Japanese speaker)メンバーがいないと記載されています。退社したということなのでしょうか。
開発チームには優秀なビデオ編集、脚本家、イラストレーターが在籍していますが、YouTubeプロジェクトの顔を探していると記載されていますが、開発チームの誰かが「顔」として務めることはできないのでしょうか。Kickstarterキャンペーンでは、俳優・バンドマンが出演していると指摘されていました。(指摘された内容については、真偽は不明です)

すべての結果は


Kickstarterキャンペーンでは、2017年3月に製品版を出資者へ出荷するという計画になっていることから、いくつかのプロトタイプは制作されているものと考えられます。また、一部の海外ニュースサイトでは、PGS LABが2017年6月に開催されるE3 2017に参加するという情報が発表されていますが、確認してみたかぎりでは、参加企業のリストには含まれていませんでした。(記載があるようでしたら、教えていただけると助かります)
これからポータルサイトである「PGS VAULT」で、第三者によるプロトタイプ(実機)のベータテストや、未公開だった画像、動画が追加されれば、事前予約の約40%を占めている日本国内からの出資者が、今以上に増えていくものと考えられます。

※PGS LABとコンタクトをとっているので、承諾が得られれば新情報を追記できる可能性があります。ここ数日(?)のうちにポータルサイト「PGS VAULT」は日本語表示となる予定です。


スポンサーリンク

4 件のコメント:

  1. 実現するとして、こういった端末が増えてくれるのはとてもうれしいですね
    ただこの手のコンセプトの商品は数十%性能アップしたところで
    動くゲームが劇的に増えるかって言うと疑問ですし
    steam等でも画面の情報量が多いゲームはこの画面サイズでは厳しく
    エミュで言うならばPS1世代までは当たり前に実機速度で動いてますので
    PS2がスムーズに動くくらいの性能のものにならないと
    すでに入手は確実・情報が豊富なGPD WINでいいやってなってしまうような気がしますね

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      現在の状況では、確実に手に入るGPD WINがベストバイであるといえますね。正直、PGSはいまだに実現できるとは考えていませんが、こういった製品が多く誕生することは非常に面白いと感じます!

      削除
  2. 日本語表記出来てますねー

    返信削除
  3. 数日以内に日本語表記になるという情報は得ていたので、そのとおりになりましたね!
    日本語翻訳・校正担当者についての募集も終えたようなので、今後は読みやすい情報が公開されていくことでしょう!

    返信削除