2017/02/14

「Gameband」 初のゲーマー向け スマートウォッチが遂に登場!?

ゲーマー向けスマートウォッチ「Gameband
Gameband(ゲームバンド)は、本来の腕時計としての機能はもちろん、丈夫さも兼ね備え、ハイスペックな仕様、独自のAndroid OS、アプリを搭載した、初めてのゲーマー向けスマートウォッチです。すでに、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達を開始しており、初日に目標金額を達成した人気のクラウドファンディングです。


Gameband(ゲームバンド)とは


Gamebandは、カリフォルニアとバルセロナに拠点を置く、デザイナー、エンジニア、マーケターのチームにより開発されている、初めてのゲーマー向けスマートウォッチです。開発チームのメンバーはApple、Epson、Lenovoといった有名企業で働いていたという経験・実績を持つメンバーばかりです。
デザインは、サンフランシスコに拠点を置く、スマートウォッチ、高級時計といった、様々なデザインを手掛けたデザインスタジオ Matter Globalが担当を行っています。
あなたは画像の時計を覚えているでしょうか。または、知っていますか?当時は、このようなゲームウォッチを身に着けて、どこでもゲームを楽しんでいました。Gamebandで提供されるゲームは、スクリーンサイズが小さくても、十分にゲームを楽しむことができ、スマートウォッチの操作性にマッチしたミニゲームが提供されます。

Gameband の仕様(スペック)


現在、発売されているスマートウォッチの機能で、これほど魅力的なスペックが搭載されているスマートウォッチはあるでしょうか。なかなか探すことは難しいかもしれません。
  • CPU:Qualcomm Snapdragon Wear 2100
  • OS:Android Marshmallow 6.0.1(独自仕様)
  • RAM:512MB
  • ストレージ容量:4GB(eMMC)
  • スクリーン:1.6"Square AMOLED
  • 解像度:320 x 320
  • ネットワーク:Wifi 802.11 b/g/n Dual Band、Bluetooth 4.2
  • バッテリー:400mAh
  • I/Oポート:microSD slot(最大256GBをサポート)、USB type-c
  • センサ:3軸加速度計、ジャイロセンサ、光センサ
  • 本体サイズ:34.28 x 39.74 x 11.38mm
  • サポートデバイス:Android OS、iOS

Gameband の初期アプリ


出荷時に予定されている、初期アプリは下記のとおりです。スマートウォッチの基本的な機能は搭載されて、出荷されることになります。カレンダー、連絡先、電話ダイヤラ、天気情報、警告、アレクサ(音声AI)、音楽プレーヤー。そして、5つのAtariミニゲームが搭載されています。

プラットフォーム「PixelFurnace」


Gameband独自の、ゲーム管理プラットフォームソフトウェア「PixelFurnace」をとおして、コンピュータ上で、ゲームのフルバージョンを起動したり、オーディオデバイスで音楽をワイヤレスで再生したりといったことができます。プラットフォームソフトウェアは誰でも無料でダウンロードすることができます。

Gameband 3種類のバージョンをリリース


クラウドファンディング Kickstarterバージョンとして、3種類のGamebandをリリースしています。もちろん仕様(スペック)はどれも一緒ですが、異なる部分は搭載されているウォッチフェイスの種類と、スマートウォッチのベゼル、シリコンストラップの種類でしょう。
  • Gameband Edition
  • ベゼルカラーはブラック
    Gamebandロゴが入ったシリコンストラップ
    5つのGamebandウォッチフェイスを用意しています。

  • Gameband Atari Edition
  • ベゼルカラーはレッドメタル
    Atariロゴが入ったシリコンストラップ
    5つのAtariウォッチフェイスを用意しています。

  • Gameband Terraria Edition
  • ベゼルカラーはブラック
    Terraria Treeロゴが入ったブラックシリコンストラップ
    5つのTerrariaウォッチフェイスを用意しています。
    Terrariaミニゲームが搭載されています。

すべてに共通する内容として、5つのAtariミニゲームが搭載されます。
今後、最大10つのミニゲームの搭載を目指していますが、資金調達:$200,000のストレッチゴールを達成した場合には、最大15つのミニゲームが搭載予定となっています。
Super Early Bird($99)の出資枠は埋まってしまいましたが、Early Bird($149)については、出資枠に空きがあることが確認できます。たとえ、出資枠が埋まっていたとしても、締切直前でキャンセルされる方もいるので、チャンスは十分にあります!
また、一定金額を上乗せして出資することにより、ストラップ、microSDカードを追加することが可能です。microSDカード(U3 95/90MB/s )には、ゲーム管理のプラットフォームソフトウェア「PixelFurnace」と、バックアップサービスを1年間利用できる権利が含まれているとのことです。具体的なサービス内容は、今後のアップデート情報として提供されることでしょう。

注意事項


発売されている多くのスマートウォッチ同様に、Gamebandには防水機能はありません。また、バッテリーも1日中持つというものではないということが、開発チームから発表されています。
また、出資するコースの金額以外に、日本国内へ配送する場合には、別途送料:$25が上乗せとなるので注意しましょう。(国を選択すると、自動的に送料が追加されます)

開発担当者から


バッテリーの持ち時間について、開発担当者へ取材を行いました。
スマートウォッチの使い方は、人それぞれなので、稼働時間が〇時間であるといった回答をすることはできませんが、無線LAN、BluetoothをONの状態で、ミニゲームを遊ぶといった使い方の場合では、バッテリーは1日持ちません。ただ、基本的な使い方のみであれば、バッテリーは持つでしょう。市場にでているスマートウォッチと比較してみても、Gamebandに搭載されている400mAhというバッテリーは大容量であることには変わりありません。我々のチームは、バッテリー寿命についても取り組んでいます。完成まで楽しみにしていてください!

まとめ

初めてのゲーマー向けスマートウォッチ「Gameband」は、非常に面白いコンセプトの製品です。独自のゲーム管理のプラットフォーム「PixelFurnace」をもち、Gamebandの小さなスクリーンでも、ゲームを楽しめるように開発されたミニゲームはもちろん、コンピュータ上で、フルバージョンのゲームを遊ぶことができるなど、いままでのスマートウォッチになかった新しいアイデアが詰め込まれています。

ただ、スマートウォッチの多くは、使用頻度によっては、バッテリーが数時間しかもたなかったり、防水仕様ではなかったり、といった仕様になっています。また、世界中で発売されているスマートウォッチ市場の売上は、例年をとおして、下降傾向になってきていることも事実です。そういったスマートウォッチ市場に投じられた、新しいコンセプトをもつ「Gameband」が、 今後 どのような盛り上がりをスマートウォッチ市場で見せるのか、注目していきたいです。


本記事は、Kickstarterのキャンペーン情報をもとに作成を行っているので、誤認識・誤解釈している内容が含まれているいる可能性があります。



SAMSUNG GALAXY GEAR S3 CLASSIC SM-R770 Smart Watch Wi-Fi Bluetooth
Samsung
売り上げランキング: 50,300

6 件のコメント:

  1. あー、バッテリーが、、、
    せめて36時間以上ないと腕時計としての存在価値がない。
    その点PEBBLEは良かった。

    この手の商品は腕時計として見ないほうが良いんですかね。ウェアラブルゲーム機としてみるとか。そしたらオンオフできるポケットに入るゲーム機でも良いしなぁ。うーん。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      スマートウォッチの欠点はバッテリー持ちが、通常の腕時計と比較してしまうと極端に悪いことなんですよね。
      腕時計として見るよりも、ご自身の生活に何かしらのプラスにできるウェアブル端末として見たほうが良さそうですね!

      削除
  2. ここまで多種の~ウオッチが出ているのに、いまだに有線で充電とか、ほとんど完成されていないものがほとんどですよね。
    日常で使い物にもならないと、たぶんすぐ飽きるでしょうねぇ。
    自分は次世代の林檎腕時計にでもしますかね。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      初めての試みということに興味がわきましたが、毎日の充電などが必要となるので、手間をかけないで使うというのは難しいでしょう。
      スマートウォッチ市場も盛り上がりに欠けるので、これから改善されていくのか、消えていってしまうのか、気になるところですね。

      削除
  3. 上の方と同じくpebbleユーザーですがpebbletimeと比べてもスマートなチープさとでもいうかデザインは〇だと思いますね
    電池さえ持てばちょっとほしいかも
    pebbleにもゲーム系のフェイスがあるのと解像度の低い画面のおかげ?でレゲーの画面風に見えるものもあるので今更だけど自分でウォッチフェイス製作勉強して作成してみようかな
    個人的にはpebbleのハード使ったうえでオリジナルのゲーム系母艦アプリのプロジェクトがあったら出資したいかな
    KS自体がスタートアップの応援的な要素が強いので版権?的な面はKSの先輩ってことで多めにみて・・・くれないかw

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      スマートウォッチの電池消費が一番大きいのが画面なので、電子ペーパーを使用している、pebbleユーザーにはGamebandは勝てませんね。
      実用使いに好評があるpebbleは、まだまだ人気製品なので、専用アプリ・ゲームが誕生すれば人気になるでしょう!ただ、買収の件があったので、これからどういう方向に進んでいくのかが気になるところですね。

      削除