2016/10/20

The Handheld Gaming PC 「SMACH Z」 クラウドファンディング 【出資検討中】


The Handheld Gaming PC「SMACH Z
現在、クラウドファンディングサイト「kickstarter」で出資募集が開始となりました。
出資募集金額:€250,000出資コース:€5~7,000となっています。
スペック的に魅力ある製品であることは間違いありませんが、出資をするかどうか検討しています。


※当記事内容は、個人的主観・考えが多分に含まれていますので、こういった意見・考えもあるんだなといった参考程度として受け止めてください。

・本体の横幅はWii U Gamepad(255.4mm)と、ほぼ同じ大きさ(255mm)と発表されています。

・本体重量は約400g、持ち手部分を除く厚さは約20mmです。

・本体の縦幅はPS VITA(85.1mm)より、少し大きい(95mm)サイズです。

・使用目的に合わせたパッドに変更するできる「Magic Z-Pads」が特徴的です。
参考記事:SMACH Z und GPD Win im Vergleich: Was können die Handhelds?



出資をするのであれば、スペックアップモデルの「SMACH Z PRO」を検討しています。
SMACH Z PRO」のSPECIAL EARLY BIRD(€399)はすでに終了しているので、EARLY BIRD(€449)、通常コース(€499)に出資をする必要があります。
SMACH Zの成功を一緒に応援していきたいという気持ちはあるのですが、個人的にネックと考えている点がいくつかあります。

  • 圧倒的な存在感(でかい・重い・分厚い)について
Wii U Gamepad程度の大きさ(横幅)、重量が約100g軽いSMACH Zを長時間遊ぶのは、意外と苦痛に感じてしまうかもしれません。
片手で持つわけではないのは理解していますが、SMACH Zの見た目から受けるインパクトはかなり大きいです。実際に機器に触れられれば良いのですが。

  • Windows10サポートについて
OS(Linux、Windows)を選択することができるのですが、現段階ではWindows10をサポートしていません。ストレットゴール(出資募集金額:€350,000を達成)することによりサポートをすることになっているので、SPECIAL EARLY BIRD、EARLY BIRD出資コース以外の通常コースに出資者が集まらないと難しくなります。(前回のクラウドファンディングではEARLY BIRDコース以外には、ほとんど出資者が集まりませんでした)

  • Magic Z-Pads用の交換用アダプタについて
「Magic Z-Pads」の交換用アダプタの試作品(プロトタイプ)を公開されている動画を、現段階では確認することができませんでした。SMACH Zの「売り」であるこの機能の開発がうまくいかないようであれば、製品そのものの価値を見出すことが困難になってしまうかもしれません。
交換用アダプタについては別売りを予定されているので、本体出荷後に「この機能を実現することはできなかった」ということもあるかもしれません。
また、この機能の開発を実現するために本体出荷が大幅に遅れてしまうリスクも考えられます。

購入ではなく、あくまでも「出資」をするわけなので、個人的に考えられるリスクを許容できない限りは製品版を待ってから購入したほうが良いと考えています。これから順次配信されていくSMACH ZのUpdates情報をよく理解し、出資をするかどうかを判断していきたいと思います。

Kickstarterへの出資方法については、こちらを参考にしてみてください。出資方法について



Fire タブレット 8GB、ブラック
Amazon (2015-09-30)
売り上げランキング: 7

0 件のコメント:

コメントを投稿