2016/10/08

GPD Game console 「GPD WIN」 【開発中情報】 非公式情報 : 海外クラウドファンディング(中国)出荷完了・その他


GPD Game console 「GPD WIN
海外クラウドファンディングサイト「Indiegogo」、日本国内クラウドファンディングサイト「Makuake」。
両サイトに続き、海外クラウドファンディング(中国)「京东金融」でも資金調達を達成しました。
今回は「海外クラウドファンディング(中国)出荷完了・その他について」見ていきたいと思います。


注意:本記事中には、かんたん翻訳したものが含まれています。
実際の原文内容とは異って認識している部分、個人的解釈が含まれているので参考程度としてください。

海外クラウドファンディング(中国)「京东金融」での全ての出荷を完了しました。

海外クラウドファンディング「Indiegogo」、日本国内クラウドファンディング「Makuake」に続き、資金調達を達していた海外クラウドファンディング(中国)「京东金融」でのクラウドファンディング分の「GPD WIN」の出荷を全て完了した旨のアナウンスがありました。

9月中旬から出荷開始となっていましたが、一日の生産ペースが200~250台ということもあって、やっと全ての出荷が完了したということになります。
10月中旬(10月11日頃(?))からは他クラウドファンディング分(Indiegogo、Makuake他)の生産も遂に開始されるといわれています。(現在の生産ペースよりも、生産スピードを上げての生産となるようです)



また、海外クラウドファンディング(中国)「京东金融」に関連して「京东新发现」でも先行販売開始となりました。販売価格:2,299元(約36,000円)、出荷時期は2016年11月2日以降を予定。


既に海外通販サイト「AliExpress.com」、「GEAR BEST」などでも予約受付販売となっていて、一部商品については出荷も確認されています。日本国内通販サイトの一部でもごくわずか(数台)が出荷されたという情報も確認されています。
現状で出荷されている「GPD WIN」はCPU:Z8750を搭載したモデルとなりますが、メーカー側(GPD)の生産状況によっては、今後はCPU:Z8700へ変更になる可能性が高いといわれています。

仕様変更(CPU変更)については正式にアナウンスされたわけではありませんが、これはCPUの供給問題ではなく、安定性の問題であり、うまくいけば解決することができると、メーカー側(GPD)は代理店側に伝えているようです。



「GPD WIN」を既に手にいれた中国国内ユーザーからは発熱問題についてが指摘されています。
ボールベアリング式内蔵ファンを搭載することにより解決されたかのように思われていた問題ですが、CPU(Z8750)、バッテリーの発熱問題は深刻なようです。
この問題を解決するために改造を行ったという報告がされているので紹介していきます。


・CPU、コンデンサ周辺の発熱が目立つようです。

・0.3mmの銅板を配置しました。(シリコングリスも塗っています)
コンデンサ周辺には放熱シートを貼り付けているようですね。

・GPDロゴはセロテープの粘着で簡単に除去することが可能なようです。

・CPU、コンデンサ周りの熱を逃がすために、更に外装シェル(操作部)を削ります。

・削った部分と同じ形の2mmの銅版を用意します。

・接着剤を使用して固定します。

・0.3mmの銅版を適度な高さとなるように配置します。(シリコングリスも使用しているようです)

・外装シェル(底部)についてもバッテリーの放熱のために除去してします。

・外装シェル(操作部)と同じように処理をしていきます。

・高性能熱伝導シート(グラファイトシート)を貼り付けて完成です。

・外装シェル(操作部)にも貼り付けました。

・放熱対策改造を行った結果は下画像のとおりとなります。

・更に追加でファン搭載を考えたようですが、これ以上の効果はほとんど見込めないとのことです。
参考元記事:GPD-WIN 散热 改造 很暴力哦!



海外クラウドファンディング(中国)「京东金融」でのクラウドファンディング分の「GPD WIN」の出荷を全て完了した旨のアナウンスがあり、他クラウドファンディング・その他の生産がやっと開始になりそうです。

一部の海外出資者からは、後発のクラウドファンディング分がなぜ我々よりも安価で、早く出荷になるのかといったメーカー側(GPD)の対応を疑うコメントも見受けられます。
これについては、京东金融(JD.com)のクラウドファンディング内容に厳格な制限(ペナルティ)が設けられているための処置として、メーカー側(GPD)が制限(ペナルティ)を回避するための対応として、他クラウドファンディングより早く出荷を行ったものと考えられています。

先行して「GPD WIN」が届いている中国ユーザーからは、いくつかの不具合報告が確認されています。
これから出荷されるモデルについても届いたら、まずはじめに下記内容の確認を行いましょう。
問題のほとんどが、金型、品質管理上の指摘内容であることが確認できています。
・ネジが外れた。
・天板が膨張する。
・金型不良なのか本体が水平でない。
・キートップの配置の間違い、同じキートップが配置されてる。
・ディスプレイドライバの応答停止問題(個体差あり)
・充電器から異音が発生する。

クラウドファンディング出資者よりも先行して、海外通販サイト・国内通販サイトの一部ユーザーに商品が到着していることに疑問を感じていますが・・・何にせよ生産・出荷がはじまるのは嬉しいですね!
技適取得問題、仕様変更問題(CPU)などもありますが、来週中にメーカー側(GPD)から何かしらの明るいアナウンスがあればと思っています。


クラウドファンディングについての質問・回答(Q&A)について
※Q&Aについては、最新情報が更新されるタイミングで訂正・追記をしています。

「GPD WIN」開発中情報の「もくじ」はこちらになります。(リンク先

ニンテンドー2DS クリアブラック
任天堂 (2016-09-15)
売り上げランキング: 172
エミュレータ超大全 (100%ムックシリーズ)

晋遊舎 (2016-08-25)
売り上げランキング: 2,614

4 件のコメント:

  1. 最初は京东金融分を先に出荷というのに多少の不満はありましたが
    ここまで初期出荷不都合が多いとは…

    個人的には最後ら辺の到着でもいいので
    もうちょい安定した品物がほしいですね

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      海外出資者と同じように不満を感じていましたが、最近では中国ユーザーが初期出荷分の人柱のように思えてきています。
      せめて生産管理をしっかりして安定した商品がほしいですよね。
      私はIndiegogoでも早期に出資した方なので「ハズレ」が届く可能性もありますが、Makuakeにも出資をしているので助かればいいなと願っています...。

      削除
  2. 京东金融が8750は納得出来ないです。
    出資者の人数は把握できる訳ですからその分の
    8750が足りないようなら京东金融は8700にするべきでしょう。足りてるなら問題ありませんが、先に出資した人をなんとも思ってないのでしょうか。不具合だって別に送って直して貰えるのですから8750のがお得です。次からは京东金融の通販の仕方も誰か教えて欲しいです。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      メーカー側(GPD)のこれまでの対応が良かっただけに、先行して後発クラウドファンディングに優先出荷したことは大きなマイナスイメージとなってしまいました。
      詳しく調べていませんが、京东金融(JD.com)は中国国内のみの発送となっているので、日本国内から出資・購入する場合には代行業者などを利用しないと難しいでしょう。

      削除