2016/09/29

8bitゲームマシン・コンピューター 「PocketC.H.I.P.」 RPG Maker(RPGツクール) 2000/2003 制作ゲーム 動作方法


8bitゲームマシン・コンピューター「PocketC.H.I.P.
公式フォーラムで「PocketC.H.I.P.」でRPG Maker(RPGツクール)2000/2003の制作ゲームをEasyRPGを使用して動作させる方法が公開されているのが確認できました。
早速、作業工程を解説していきたいと思います。


「PocketC.H.I.P.」でRPG Maker 2000/2003で
制作されたゲームをEasyRPGで動作させます!

公式フォーラムで公開されている情報をもとに、RPG Maker 2000/2003で制作されたゲームをEasyRPGで動作させる方法を解説していきます。
この作業には約2時間が必要となりますので、PocketC.H.I.P.本体のバッテリー残量には十分に注意をして作業を進めてください。また、USBメモリが必要となりますので用意をしてから作業を行いましょう!

《重要》
操作手順を行う途中でパスワードや、Y/Nの選択肢がターミナル上で表示される場合があります。
パスワードを求められた場合には「chip」(初期状態の場合)、Y/Nの選択肢がでた場合には「y」と入力して「Enter」キーを押しましょう。
※指示がない限り、入力するコマンドは改行をする必要はありません。(全て続けて1行入力)



1.ターミナルを開きます。
「PocketC.H.I.P.」のホーム画面からターミナルをタップして起動します。
このプロジェクトはすべて「PocketC.H.I.P.」本体で行うことが可能です。



2.必要なパッケージをインストールします。
「PocketC.H.I.P.」にシステムパッケージリストを更新します。
sudo apt update



3.依存関係とlibclfのインストール
下記コマンドを実行します。
sudo apt install --no-install-recommends git make automake pkg-config libtool g++ libexpat1-dev libicu-dev

リポジトリを複製します。
git clone https://github.com/EasyRPG/liblcf.git

このまま「make」コマンドを実行するとエラーが発生し、先に進むことができません!



4.USBドライブ(メモリ)にSwap領域を作成・有効にします。
安全のためフォーマットしたUSBドライブを用意し、PocketC.H.I.P.本体に接続します。
正しく接続されていることを確認し、下記コマンドを実行します。
sudo apt-get install udisks-glue

次に下記コマンドを実行します。
udisks-glue &

作業フォルダをUSBドライブに変更します。
cd /media/まで入力したら「tabキー」を押して接続したUSBドライブにします。
cd /media/接続しているUSBドライブ
※「tabキー」を押すことによって、自動的にアドレスにUSBドライブ名が追加されるはずですが、追加されない場合は表示されている文字列を入力してください。
例:cd /media/5253-E835/

Swap領域ファイルを作成します。(約10分~15分程度かかります)
sudo dd if=/dev/zero of=swap.img bs=1M count=1024

作成したファイルをSwap領域として使用できるようにします。
sudo mkswap swap.img

作成したSwap領域を有効にします。
sudo swapon swap.img

作業ディレクトリをリセットします。
cd



5.依存関係とlibclfのインストールの続きを行いましょう。
作業フォルダを「liblcf」に変更します。
cd liblcf

次に下記コマンドを実行します。
autoreconf -i

続けて下記コマンドを実行します。
./configure --prefix=/usr

makeコマンドを実行します。(作業完了までに約1時間かかります)
make

続けてインストールを行います。
sudo make install

作業ディレクトリをリセットします。
cd



6.EasyRPGをインストールします。
下記コマンドを実行します。
sudo apt -y install --no-install-recommends libsdl-mixer1.2-dev libsdl1.2-dev libmpg123-dev libvorbis-dev wildmidi libpixman-1-dev libfreetype6-dev
※例えばlibsdl-mixer1.2-devがありませんとエラーがでる場合には「sudo apt-get install libsdl-mixer1.2-dev」とコマンド入力し、不足しているパッケージをインストールしてから再度実行しましょう。

リポジトリを複製します。
git clone https://github.com/EasyRPG/Player.git

作業ディレクトリを「Player」に変更します。
cd Player

次に下記コマンドを実行します。
autoreconf -i

続けて下記コマンドを実行します。
./configure

makeコマンドを実行します。(作業完了までに相当時間かかります)
make

作業ディレクトリをリセットします。
cd



7.実際にゲームを実行してみましょう!
インターネット上に出回っているRPGMaker 2000/2003ゲームの多くはRAR形式で圧縮されています。
RAR形式が解凍できるようにします。
sudo apt install unrar

ここでは、例としてRPGMaker 2000/2003ゲームの「Desert Nightmare(English)」をダウンロードします。
wget  "https://rpgmaker.net/content/games/917/downloads/Desert%20Nightmare%20(English).rar" -O dn.rar

ダウンロードしたRARファイルを解凍します。
unrar x dn.rar

作業ディレクトリを「Desert」に変更します。
cd Desert*

「Desert Nightmare(English)」を実行します!
/home/chip/Player/easyrpg-player --window

7.の作業については、パソコンなどを使用して直接、RPG Maker 2000/2003の制作ゲームデータを用意することで省略することも可能です。

参考リンク:RPGMaker 2000/2003 games with EasyRPG - PocketC.H.I.P. - Next Thing Co. - Bulletin Board System
※参考リンク(元記事)のコマンド入力に間違いがありましたので、本記事で修正しています。



8bitゲームマシン・コンピューター 「PocketC.H.I.P.」でRPG Maker(RPGツクール)2000/2003の制作ゲームを動作させる方法は以上となります。
本記事は公式フォーラムを参考にまとめているものになりますので、あくまでも参考例としていただき、疑問・質問などがある場合には、フォーラム内で自己解決を行ってください。

手順通りに進め「ゆめにっき」、「Ib」を動作確認してみましたが・・・結果としては快適に遊べるという動作をすることができませんでした。もしかしたら、設定方法を変更をすることによって、快適に動作ができるのかもしれません。
公式フォーラムの解説では、下記リンク先でダウンロードできる制作ゲームが紹介されています。
動作させるうえでの参考としてください。(リンク先:Games :: rpgmaker.net

これからも公式フォーラムで公開された情報をもとに少しずつ理解して情報発信をしていきます。
本記事は、基本的に公式フォーラム・ブログで発表された内容を元にかんたん翻訳をしていますが、理解がしやすいように一部編集・追記がされています。

その他にも公式ブログ・フォーラムで公開された情報についても、解説を行っています。
興味のある方は「PocketC.H.I.P.」 目次 【まとめ記事】を参照ください。



SANDISK USB3.0フラッシュ 64GB SDCZ43-064G-G46 (ULTRA Fit)
SanDisk
売り上げランキング: 594

0 件のコメント:

コメントを投稿