2016/09/21

8bitゲームマシン・コンピューター 「PocketC.H.I.P.」 タッチスクリーンキャリブレーション&Bluetooth機器接続方法


8bitゲームマシン・コンピューター「PocketC.H.I.P.
公式フォーラムで「PocketC.H.I.P.」のタッチスクリーンのキャリブレーション(タッチ位置調整)、Bluetooth機器接続方法が公開されています。(すべてのBluetooth機器に対応するものではありません) 早速、作業工程を解説していきたいと思います。


タッチスクリーンキャリブレーション(タッチ位置調整)
「PocketC.H.I.P」のタッチスクリーンをタップすることにより、操作は可能となっていますが、ブラウザ機能などで細かい選択肢をタップした際にわざかなズレで反応しないという現象が発生する場合があります。
この微妙なタッチスクリーンの位置調整をしていきたいと思います。

《重要》
操作手順を行う途中でパスワードや、Y/Nの選択肢がターミナル上で表示される場合があります。
パスワードを求められた場合には「chip」(初期状態の場合)、Y/Nの選択肢がでた場合には「y」と入力して「Enter」キーを押しましょう。
※指示がない限り、入力するコマンドは改行をする必要はありません。



1.ターミナルを開きます。
「PocketC.H.I.P.」のホーム画面からターミナルをタップして起動します。
このプロジェクトはすべて「PocketC.H.I.P.」本体で行うことが可能です。



2.必要なパッケージをインストールします。
「PocketC.H.I.P.」にシステムパッケージリストを更新します。
sudo apt update

「xinput-calibrator」をインストールします。
sudo apt-get install xinput-calibrator



3.タッチパネルキャリブレーションを実行します。
実行すると上画面のように照準「+」が表示されるので、その中心をタップしていきます。
4箇所をタップすることで、タッチパネルリキャリブレートが完了します。

「xinput-calibrator」を実行します。
sudo /usr/bin/xinput_calibrator
上記のコマンドを実行してもプログラムの実行ができない場合には「sudo dpkg -L xinput-calibrator」を実行し、xinput-calibratorがインストールされている場所を確認してください。



Bluetooth機器の接続方法について(参考例)
Bluetooth機器の接続方法を解説していきます。
本記事の解説は、すべてのBluetooth機器に対応するものではありません。
ここでは主にゲームコントローラを参考例に解説していきます。



1.Bluetooth機器の電源をONにします。
Bluetooth機器の電源ボタンをONにしてペアリングモードにします。



2.ターミナルを開きます。
「PocketC.H.I.P.」のホーム画面からターミナルをタップして起動します。
このプロジェクトはすべて「PocketC.H.I.P.」本体で行うことが可能です。



3.Bluetooh接続・ペアリングを行います。
「bluetoothctl」を起動します。
bluetoothctl

Bluetoothを起動します。
power on

機器の登録をします。
agent on

接続可能なBluetooth周辺機器をスキャンします。
scan on

Bluetooth機器がペアリングモードになっている場合、idが表示されます。 例:16:07:04:58:55:23

ペアリングします。※ここでは例として16:07:04:58:55:23を記載します。
pair 16:07:04:58:55:23

Bluetoothゲームコントローラーと接続します。
connect 16:07:04:58:55:23

次回起動時に、自動的に接続できるように設定します。
trust 16:07:04:58:55:23

ターミナルを終了します。(Ctrl+Qを押します)



4.PICO-8で使用できるように登録を行います。
「PocketC.H.I.P.」のパッケージリストを更新します。
sudo apt-get update

chipをグループに追加します。
sudo adduser chip input

下記コマンドを実行し、PocketC.H.I.P.を再起動します。
sudo shutdown -r now

作業ディレクトリを「/home/chip/.lexaloffle/pico-8」になるように変更します。
cd /home/chip/.lexaloffle/pico-8

sdl controller設定をダウンロードします。
wget -O gamecontrollerdb.txt http://bit.ly/2cTxNWt

ダウンロードしたファイルをファイル名「sdl_controllers.txt」で保存します。
mv gamecontrollerdb.txt /home/chip/.lexaloffle/pico-8/sdl_controllers.txt

ターミナルを終了します。(Ctrl+Qを押します)




8bitゲームマシン・コンピューター 「PocketC.H.I.P.」でのタッチパネルキャリブレーション&Bluetooth機器接続方法は以上になります。

本記事中でも記載をしていますが、すべてのBluetooth機器に対応した解説ではありません。
あくまでも参考例としていただき、お使いの機器の詳しい内容・設定方法等については、フォーラム内で検索・質問などを行い自己解決を行ってください。

これからも公式フォーラムで公開された情報をもとに少しずつ理解して情報発信をしていきます。
本記事は、基本的に公式フォーラム・ブログで発表された内容を元にかんたん翻訳をしていますが、理解がしやすいように一部編集・追記がされています。

その他にも公式ブログ・フォーラムで公開された情報についても、解説を行っています。
興味のある方は「PocketC.H.I.P.」 目次 【まとめ記事】を参照ください。



SANDISK USB3.0フラッシュ 64GB SDCZ43-064G-G46 (ULTRA Fit)
SanDisk
売り上げランキング: 594

0 件のコメント:

コメントを投稿