2016/08/02

デンドロギガス(準ネクロスの要塞) 【Zineen】 フィギュア化計画が始動!?


デンドロギガス(準ネクロスの要塞)
1980年代後半にロッテからオマケ付きチョコスナックとして発売された食玩シリーズ「ネクロスの要塞」。その原作者、絵師、造形師、そのままで新たなオマージュ作品として復活するはずだった食玩シリーズ。当時の造形師である内田茂夫氏が亡くなられたためにフィギュア化は中断となっていました。



・フィギュア化は中断となっていましたが、シールについては販売されていました。(現在売り切れ)

・フィギュア化権利(三面図版権)を購入したことにより、フィギュア化計画が始動しました。

・原作・イラストシールは、天外魔境やネクロスの要塞を作った あだちひろし氏です。



「デンドロギガス(準ネクロスの要塞)」が、遂にフィギュア化計画の始動となりました!
フィギュア化を行うのは、80年代風オリジナルTOYを素材から開発しハンドメイド制作販売していることで有名な「Zineen(ジニーン)」氏です。

公開された画像をみてもわかるとおり、準ネクロスの要塞というだけあってかなりの雰囲気が出ています。
フィギュア化計画も始動したばかりということもあり、三面図・シールを参考に造形をしていく、フィギュア化する際に型抜きをしやすい形で作るといった大まかな構想段階となっています。
「ネクロスの要塞」を再現したいというZineen(ジニーン)氏の思いもあり、ロールプレイングモデル(フィギュア)の他に、カード・マップについても付属する考えもあるとのことです。
ロールプレイングモデル(フィギュア)については、温感でカラーチェンジするギミックも再現予定!

当初はフィギュア化(全20種類)をするにあたり業者に依頼を行おうと考えていたようですが、見積もり段階で約80万円程かかるということもあり・・・この問題については原型ができてから考えるようです。
クラウドファンディング(Kickstarterなど)での資金調達も考えたようですが、約80万円以上を調達するのは難しいという結論に・・・。

発売されてから約30年経つ「ネクロスの要塞」は日本国内外でもファンがいる食玩シリーズです。
個人的な意見になりますが、デンドロギガス(準ネクロスの要塞)が、クラウドファンディングサイトで資金調達を行った場合、日本国内だけで約80万円の資金調達は意外と簡単に達成してしまうような気がします。(どのようなリターンを設定するかにもよりますが・・・)
当時の再現という意味では、温感のカラーチェンジするギミック以上のものはないと思いますが、個人的には蓄光モデル(赤・青・緑など)もあったら面白いと思いました。

フィギュア化計画も始動したばかりということもあり、これから新たな情報が順次発信される予定となっています。どんな造形・内容になってくるのかが楽しみです!

※本記事中の画像・一部文章の引用については「Zineen(ジニーン)」氏から許可をいただいています。
快く承諾していただき、ありがとうございました。



第1弾 デンドロギガス「メタモスの魔城」 1BOX(21個入り)
(株)ワイエスコーポレーション
売り上げランキング: 117,166
ネクロスの要塞 【PCエンジン】
ハドソン (1988-12-04)
売り上げランキング: 13,209
定本コロコロ爆伝!! 1977-2009 ~ 「コロコロコミック」全史

飛鳥新社
売り上げランキング: 238,902

0 件のコメント:

コメントを投稿