2016/08/15

GPD Game console 「GPD WIN」 【開発中情報】 非公式情報 : 海外テストユーザー意見・感想


GPD Game console 「GPD WIN
海外クラウドファンディングサイト「Indiegogo」、日本国内クラウドファンディングサイト「Makuake」。
両サイトに続き、海外クラウドファンディング(中国)「京东金融」でも資金調達が開始となりました。
今回は、「海外テストユーザーの意見・感想」についてを見ていきたいと思います。



注意:下記内容は、かんたん翻訳したものであり、実際の原文内容とは異なります。
私は「GPD WIN」を楽しんでいるので、いくつかの自分なりの意見を伝えることができます。

理解して欲しい点:

偏った意見であると思われる方がいるかわかりませんが、ここにいる皆さんと同じように私は新しいハードウェアがとても好きです。私が持っているプロトタイプは最終的なものではありません、仕様が今後変更される可能性があります。

「Pyra」は、このプロトタイプよりもいくつかの点で優れています。しかし、「GPD WIN」、「Pyra」共にプロトタイプの段階です。プロトタイプは、テストし、問題点を改善し、ハードウェアを微調整するために作られているので、常にいくつかの問題をもっています。




早速ですが「GPD WIN」についての私の意見は次のとおりです。

・ケースの品質は良いです。これは「GPD WIN」同じ素材です。
曲線美なデザインとなっています。先にも述べましたが個人的な好みがありますが、素材的に指紋が目立ちやすく好みではありません。しかし、同じような装置のほとんどが指紋が目立ちます。

・小型な装置にもかかわらずプロセッサー・パワーは素晴らしいです。
Civilization 4、その他のゲームがきちんと動作します。

不利な面は以下のとおりです:

かなり加熱し、バッテリーを消費します。
Windowsを起動し、何もしない状態でもCPUの温度が60℃以上になります。そしてウェブブラウジングをすることでCPUの温度が75~80℃に達します。ゲームをする場合にはより高い温度に達します。それは、素晴らしいハンドヒーターです。

手の込んだバッテリーテストは行っていませんが、だいたい数時間の起動は可能なようでした。
充電しながら装置を使うことは不可能に近いです。(3時間で4%しか充電しない)
それは「Pyra」でも同じことになるかもしれません。(我々はすぐにその問題を見つけることができます!)


Windowsができる限り小さいリソースで動くように最適化されない限り改善されません。たぶん、Linuxでは良くなるでしょう。
私は「Pyra」で手の込んだCPU温度テストをしていませんが、ウェブブラウジングや、Windows起動後に何もしないという単純なことでもIntel CPUは「OMAP5]より熱くなります。
そうです:熱とバッテリー寿命の関係はきってもきれない関係なのです。
GPDがなぜ内蔵ファンを追加したかという理由を理解することができました。

・ゲームのコントロール:「GPD XD」とほとんど同じなので問題ありません。(Dパッドは好みではありませんが、悪くはありません)

・キーボード:悲しいことに予想よりも悪かった。マウスクリックのような感触ではないが良い感じで、正常に動作します。しかし、左揃えのキーボード配置は予想以上に問題が発生します。
単純な理由:キーボードを見ないと正確に入力することができません。キーボードを使用する場合、あなたの指はいくつかのキーボード配置を覚えていることでしょう。例えばスペースキー、Shiftキーです。モバイルキーボードで、それはあなたの手のひらにあると思います。(モバイル装置のほとんどのキーボードが中央に配置されています)


意味するところ:暗闇でキー入力を行った場合に頻繁に1~2、3つ隣のキーを謝って入力してしまうことがありました。練習を行えば正確に入力をすることが可能になるかもしれないが、私は暗闇で入力することが不可能でした。そのような問題は、Pandora, N900, Xperia Pro, Droid4ではありませんでした。そうですね・・・それはゲームの時にキャラクター名を入力する必要がある場合は良いですが、長いテキストを入力するためには使用したいとは思えないでしょう。

・マウス/ジョイパッド/Xbox-コントローラスイッチ(Mouse、DirectInput、XInput)について:
これは既製の問題を解決することになると思われますが、スイッチを切り替えるとWindows10は別のUSBデバイスを認識します。そうするとマウスモードでDPADが使用することができなくなります。3つの構成があります。

1.ジョイパッドモード
「GPD WIN」に備え付けてある両方のアナログスティック、キーボード、ボタンはジョイパッドのように機能します。

2.マウスモード
右アナログスティック、移動マウス、左アナログスティック、スクロールホイール(うまく動かすことができません)、DpadとABXYキーは使用不可。LRキーはマウスボタン。

3.Xboxモード
ジョイパッドモードに似ていますが、Xbox-コントローラーとして認識します。
DPADと一緒にマウスを使用することはできません。

これは私が使用しての経験です。
先に述べたように、これはプロトタイプを試したものなので真に受けてはいけません。
製品版では電力消費量が異なる場合があります。これは現在の状態です。
Pyraは現在でもたくさんの問題を持っています。これは普通のことです。

「GPD WIN」に価値はありますか?
はい、あなたがWindowsゲームを愛しているのなら「GPD WIN」に価値を見出せるでしょう。
それは「Pyra」でも良いですか?
それは違います。これは携帯用Windowsゲーム機に焦点をあてているものです。
「Pyra」はより一般的であり、より開放された環境に焦点をあてているものです。
「GPD WIN」よりも高価で遅いですが、交換可能なバッテリー、バックライト付きキーボードなどに焦点を当てていますが、「GPD WIN」よりもWindowsゲームを動かすことはできません。

あなたが装置に何を期待し、使用していきたいかによって好みは異なるでしょう。




「GPD WIN」海外テストユーザーとして意見を公開したのは、現在プレオーダーを行っている「DragonBox Pyra」の開発者:Michael Mrozek (aka EvilDragon)氏です。
海外クラウドファンディングサイト「kickstarter」で出資を募っていた「Portable Console for PC games - PGS」の「Comments」でも数多くの書き込みをされていた方なので知っている方は多いと思います。

中国内テストユーザーからゲーミング動画の公開がほとんどで、具体的な操作感、意見、感想などがなかったので、かなり参考となる内容になりました。
ただし、かんたん翻訳本文中でも述べているとおり、「GPD WIN」旧プロトタイプを使用しての感想・意見であるので、製品版にそのまま当てはまることではありません。
(このような問題点は、製品版では改善されている可能性が高いと予想されます)

海外クラウドファンディングサイト「Indiegogo」では、100台限定でプレオーダー受付をしています。
2016年8月15日現在、残り28台が残されています。
出資を見逃してしまった方でも、まだ手に入れるチャンスはあるのでお早めに!!


クラウドファンディングについての質問・回答(Q&A)について
※Q&Aについては、最新情報が更新されるタイミングで訂正・追記をしています。

「GPD WIN」開発中情報の「もくじ」はこちらになります。(リンク先

0 件のコメント:

コメントを投稿