2016/07/21

Portable Console for PC games - PGS 【プロトタイプ動画公開・減少する出資者】

Portable Console for PC games - PGS
PGS LABよりPCゲームを実行する為の世界初のポータブルコンソールが発表されました。
現在、海外クラウドファンディングサイト「kickstarter」で出資を募っています。
今回、新たに「プロトタイプモデルの動画が公開」されましたが・・・出資者数は減少となっています。
現段階では目標金額を達成しているのでクラウドファンディングに成功しているようですが、今後はどのようになっていくのでしょうか。



新たに公開された動画は2種類となります。
・Prototype #3 A :

・Prototype #3 B :



・早期出資者枠についても「空き」が目立つようになってきました。
「空き」が出ても、すぐに埋まって目立たなかった早期出資者枠ですが遂に目立つように・・・。
※画像は2016年7月21日現在のものです。



公開された動画のプロトタイプモデルは既存製品をベースで製作されたプロトタイプモデルです。
簡単に説明すると既存製品を分解して、3Dプリンターで出力したケースに収めただけのものです。
※既存製品=「Surface 3」ベース(旧プロトタイプ)、「VOYO V3」ベース(新プロトタイプ)。

出資者からもコメントがあるとおり、公開されているプロトタイプモデルは、出資者にとって意味があるものではありません。あくまでも動画のようなゲームが動作するかもしれないという目安でしかありません。(このようなプロトタイプモデルを製作しなくても、既存製品で確認すればわかる範囲の内容です)

現在、PGS LABはオリジナル基板の製作を行っていません。(キャンペーン終了後に開始する予定)
調達金額に応じたストレッチゴールを設定しているので、キャンペーン終了とならない限りはオリジナル基板の製作ができないということなのでしょうか。
また、前回アナウンスされていた生産・投資パートナーに関する情報も公開されておらず、不透明な部分が多いのも印象的です。
※パートナーに関する情報については、相手方の許可があり次第の公開となるとのコメントあり。

出資者の減少理由は、やはり製品化になるというイメージが持てないことが原因だと考えられます。
GPD WIN」のような具体的な開発情報のアナウンスがキャンペーン中になく、既存製品を分解して作られたプロトタイプモデルの動画の公開のみでは夢がもてません。

調達金額も$400,000に届きそうだったものの、現在では$317,299まで大幅に減少しています。
PGS LABが現状のままでキャンペーンを行っていく場合、出資者・調達金額の増加はほぼ見込めない状況となっています。現在、出資を行っている方は、残りの日数でPGSという夢に「投資」ができるかを判断する必要があるようです。

キャンペーン終了まで約9日間となっていますが、残りの日数でどれほどの出資者・調達金額の確保ができるか見ていきたいと思います。

関連記事:Portable Console for PC games - PGS 【We are leaving but we don't say Goodbye (我々は去りますが、さようならは言わない)】
関連記事:PGS 【WE ARE UNDER ATTACK(我々は攻撃を受けています)】
関連リンク:Portable Console for PC games - PGS 公式サイト
関連リンク:Portable Console for PC games - PGS 公式ブログ
関連リンク:Portable Console for PC games - PGS Kickstarter



(FC/FC互換機用)キラキラスターナイト DX (2016年7月下旬発売予定)
コロンバスサークル (2016-07-31)
売り上げランキング: 241

2 件のコメント:

  1. 結局、プロジェクトキャンセルで逃げちゃいましたね。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      予想を裏切る結果となってしまいましたね。
      現在、翻訳作業中なので、明日にでもブログ公開できそうです。

      削除