2016/06/11

MonoMax(モノマックス) 2016年7月号 【特別付録が結構すごい!】 購入レビュー


MonoMax(モノマックス) 2016年7月号
2016年6月10日発売された雑誌ですが、超特大号!ということで特別付録が豪華になっています。
この手の雑誌は購入する機会がほとんど無かったのですが、思わず購入してしまいました。
早速、購入レビューをしていきたいと思います。
※特別付録目的にスポットを当てた購入レビューとなります。



・特別付録は「オロビアンコ 大容量整理ケース」
インタリアブランド「オロビアンコ」とのコラボした特別付録になります。 (ネームタグは「本革」を使用)

・はっ水加工を施した肉厚なナイロン素材。 サイズ(約):W22×H15×D5cm(閉じたとき)

・「GPD XD」を収納してみました。
下画像からも解るとおり、ニンテンドー3DS LLサイズをすっぽり「2台収納できるサイズ」です。

・ビジネスバックで有名なブランド「TUMI(トゥミ)」と並べてみました。
雑誌の付録とは思えない品質に仕上がっていると思います。



初めに、筆者(とんちき録)はこの手の特別付録がついた雑誌を過去に2回ほど購入したことがあります。しかし、雑誌の「付録」ということで期待していたよりも品質が悪かったり、色味が違ったり、安っぽかったりしていて結局使わずに捨てていたケースがほとんどでした。

今回購入した「MonoMax(モノマックス) 2016年7月号価格:850円
そんな経験がある方には、是非とも購入をして認識を改めてほしいと思った「特別付録」になっています。
サイズは、(約):W22×H15×D5cm(閉じたとき)で、ニンテンドー3DS LLを2台収納することができるサイズとなっています。(それでも、ポケット、高さがあるので、まだまだ収納できます)

また、はっ水加工を施した肉厚なナイロン素材となっています。
ビジネスバックで有名なブランド「TUMI(トゥミ)」を所持している方であれば、ナイロン地の肉厚さが同程度であると認識していただければと思います。(もちろん、バリスティックナイロン素材ではないので、性能は違います)

個人的には、今まで購入した雑誌付録とは比べ物にならない品質であると判断しています。
残念な点としては、大容量整理ケースの「持ち手」部分が若干安っぽさを感じてしまう点でしょうか。
雑誌の付録であることと、利便性を考えると妥協できる点ではあります。
この手の商品は早急に「売り切れ」になることが多いので、興味がある方は急いで購入することをオススメします。(2016年6月10日発売なので、近くのコンビニで購入できる可能性が高いです)


0 件のコメント:

コメントを投稿