2016/06/21

パチシール ビックリマン風シール 【自作シール】


パチシール「ビックリマン風 自作シール
ビックリマン全盛期では「ロッチ」がパチシールとしては一番有名だったと思います。
最近では、シールを自作できる環境が個人でも手軽に用意できるようなったので、ビックリマン風シール(自作シール)が販売されています。
今回は、ビックリマンの主要キャラクターである「ヘラクライスト」の自作シールを見ていきたいと思います。




・キラキラシールとしてパチシール(自作シール)を5種類入手したので見ていきます。

・画像ではわかりにくいのですが、若干サイズが違います。

・正規品(ビックリマンシール)よりも、厚さもあります。

・正規品(ビックリマンシール)に存在しない種類(キラキラシール)も存在します。

・実際に手とってみれば、正規品との違いをすぐに判別できるでしょう。

・裏面については全て共通です。(「ロッテ」という印刷がかなり危うい・・・。)


ビックリマン風シール(自作シール)を5種類入手しました。
ビックリマンの主要キャラクターでもある「ヘラクライスト」のパチシール(自作シール)になります。
手にとってみればすぐに正規品ではないと判別がつきます。
理由としては、シールの「厚さ」が違い、サイズもバラバラ、印刷の濃さも違う等が上げられます。

調べてみると自作方法はいくつか公開されていて、「厚さ」があるのはキラキラシール表面に保護シール(透明)を貼り付けている為だと考えられます。よく見るとキラキラシールと保護シール(透明)の間に気泡が入っている部分が確認できました。
観賞用としては面白いシールですが、コレクションには向いていないシールです。
こういったパチシール(自作シール)が好きな方には良いと思いますが、購入してまで手に入れる必要はないでしょう。(過去の追体験をするという意味では面白いですが)

個人的には、ビックリマンシール(正規品)のパチシールを購入するよりも、全てを自作(オリジナルキャラクター)したシールを購入した方が面白いと思いました。


0 件のコメント:

コメントを投稿