2016/05/22

Elephone P9000 【格安ハイエンドスマホ】 レビュー


Elephone P9000
日本市場に参入した中国メーカー「スターデジタル」の商品です。(リンク先
簡単な性能としては、オクタコア、メモリー4GB、5.5インチ(1920×1080)、Android6.0
実際に使用してみて約1ヶ月経過したので、簡単にレビューをしてみます。



※記載内容は、Nexus5と比較した内容や、主観が多分に含まれていますので参考としてください。


Elephone P9000」を購入した決め手となったのは、オクタコア、メモリー4GB、5.5インチ(1920×1080)、Android6.0というスペックに対して、価格が安価(海外通販サイトでは27,000円~30,000円程度)ということと、格安SIMに対応(SIMフリー)していることが大きなポイントでした。
実際に使用してみて個人的に良かった点、困った点を紹介していきます。
※ちなみに筆者は「DMM mobile」の格安SIMを使用していますが問題無く使えています。


【良かった点】

・指紋認証が思っていた以上に便利(0.3秒でアンロック)
標準機能である指紋認証を使えば、認証部分に触れるだけで簡単にロック解除することが可能となります。登録できる指紋も「5つ」用意されています。
精度向上のために同じ指を登録しても、複数指を登録して使い勝手を向上させても良いでしょう。

・充電が早い(10分の充電で3時間話せます)
急速充電70分で満充電(100%)になります。(公式発表による)
以前使用していたNexus5と比べると、その差は顕著に感じることができます。
また、バッテリー持ちについては個人差(使用用途が異なる)があるので何ともいえないですが、バッテリーは持つようになったと体感できています。

・余計なアプリがインストールされていない。
驚くことに余計なアプリがほとんどインストールされていません。
ここで、「ほとんど」と記載したのは個人的には無いと思うのですが、余計と思えるアプリが見つけられなかったからです。 (ほぼ無いと言い切ってもいいのかもしれません)
意外とこういった点は購入する際の大事なポイントだと考えられます。

・ケーブルの向きを気にする必要は無い。
賛否は分かれますがUSB Type-Cなのでケーブルの向きを気にする必要はありません。
充電する場合に向きを気にしないで充電できるのは結構便利だったりします。

・専用アクセサリーが販売されている。
中華製スマートフォンの場合、専用アクセサリーの販売はほとんど無いことが多いのですが、海外通販サイトはもちろん、日本国内通販サイトでも専用アクセサリー販売がされています。
日本国内通販サイトでも専用アクセサリーが販売されていることを考えると、ある一定の需要があるスマートフォンだと考えられます。(Elephone P9000専用アクセサリー

他にも、ベゼルが狭い(1.6mm)、フィンガージェスチャー機能で瞬時にアプリが起動できる、アプリ起動ボタン、SIMカードを2枚搭載できる(Dual SIM Card Free Switching)等の良い点もあります。



【困った点】

・カメラ機能設定を切り替える必要がある。
今まではカメラの標準設定「自動」に設定をしておけば、だいたい綺麗に写真を撮ることができました。
「Elephone P9000」では、標準設定「自動」では綺麗に写真が取れないシーンがあります。
綺麗に写真を撮りたいという場合には、自身でカメラ設定を切り替えて写真を撮る必要があるようです。
※ソフトウェア側の問題のようなので、今後のバージョンアップで解決するかもしれません。
2016年5月31日版のソフトウェアアップデートにより修正が加えられました。(リンク先

・USB Type-Cケーブルなのが不便。
「Elephone P9000」はUSB Type-Cのケーブルを採用しています。
ケーブルの向きを気にする必要がないというメリットはありますが、今まで使用してきたAndroid端末ケーブルが使用できなくなってしまうというデメリットも存在します。
持ち運びや、備え付けていたケーブルが使用できないので「変換アダプタ」や「USB Type-Cケーブル」を追加する必要があります。

・初期設定では日本語文字入力(フリック入力)が一部不自由。
日本語文字入力(フリック入力)をする場合、下段の文字入力(入力例:「ん」、「~」など)で反応しない場合があります。使えないことは無いのですが、高確率で反応がしない場合があります。
解決方法としては、「設定」→「Navigation bar」をONにすることで全く問題を無くすことが可能となりますが、初期設定のままでは不自由というのはデメリットだと思います。
※ソフトウェア側の問題のようなので、今後のバージョンアップで解決するかもしれません。

・充電開始、音量調整ボタンを押下したときに音が鳴る。
本体設定で、音量OFF、マナーモードにしても音量調整ボタンを押下すると音がなってしまいます。
通常操作の設定で音が鳴らないようにする設定を確認できませんでした。
Android機器をPC接続して対象となるファイル(音)を削除もしくは変更すれば対応可能にはなりそうです。
※削除もしくは変更する為には、root化が必要になります。
root化の手順については、「Elephone公式フォーラム」に詳しい手順の記載があります。(リンク先



個人的な結果としては、良い点ばかりが目立つ結果となりました。
iPhone 6sPlus風デザインとなっていますが、決して安っぽい質感・デザインでは無いのも特徴です。
本体の重さは約158gとなっていて、この大きさのスマートフォンの割りには「軽い」部類に入るのではないでしょうか。(iPhone 6sPlusが、192g(Apple公式発表)となっています)
※重さの表記(約158g)については、実際の商品を測った値となります。(Elephone公式発表は約145g)

安価である程度のスペックのSIMフリースマートフォンを探している方は、格安でハイスペックな「Elephone P9000」を一押ししたいと思います。

※「Elephone P9000」シリーズには、廉価版の「Elephone P9000 Lite」も販売されています。
こちらの商品はベゼル幅が大きく、機能が異なるので購入する場合にはよく検討しましょう。


・「Elephone P9000」についての関連記事はこちら(リンク先

elephone 純正 P9000 Wireless Charger ワイアレス充電器
elephone
売り上げランキング: 263,813

0 件のコメント:

コメントを投稿