2016/01/25

マルチエミュレータ RetroArch 【Nintendo 3DS版】

マルチエミュレータ「RetroArch
数多くのエミュレータを動作させることができるマルチエミュレータです。
今回は「Nintendo 3DS版」の紹介をしたいと思います。



2016年1月25日現在、「RetroArch」はバージョン1.3をリリースしています。
対応しているプラットフォームは「iOS、OSX、Windows、Linux、Android、Wii、Gamecube、PSP、PlayStation Vita、Nintendo3DS」とかなり幅広く取り扱っています。

リリース情報を見ると、今回のバージョン1.3から快適な動作が可能となったようです。
ただ、使用する場合には高いCPUを搭載している「Newニンテンドー3DS」での動作を推奨しています。
※旧型の「ニンテンドー3DS」でも、もちろん動作はしますが比べると動作は遅くなります。



マルチエミュレータ「RetroArch Nintendo 3DS版」を導入することにより、3DSでかなりの数のエミュレータ(ファミコン、ゲームボーイ、スーパーファミコン、PS1、MAME等)を起動することが可能となります。
※CPU性能・エミュレータ完成度等の問題があるので完全に動作するというものではありません。
興味のある方は導入に挑戦するのも面白いかもしれませんね。




3 件のコメント:

  1. 3ds版RetroArchの導入の仕方がいまいちわかりません
    導入の仕方教えてください

    返信削除
    返信
    1. 当記事は、Nintendo3DS版のRetroArchを紹介した記事になります。
      当方では導入をしていませんので回答することができません。

      削除
  2. 単なる感想です

    動作環境:NewでRX+boot.cfgでREIでもLUMAでも的な環境

    MAMEで対応してない作品を読み込むと、エラーが出る
    それは良いとして、CFWごと落ちるって・・・・・
    (CFWの種類や設定で回避できるのだろうか?)
    まぁもう一回CFW起動したら問題ないけど不便すぎるw

    単なる感想でした

    返信削除