2014/11/22

Teclast X89Win(中華ぱっど) 実際の仕様確認


Teclast X89Winを一日いじってみました。

この商品自体は「中国語」設定になっているものですが、赤札天国のオプションサービスで
「日本語化」(1,000円)をお願いできます。

今回はこの追加オプションで「日本語化」をしてもらいました。

「日本語化」した理由としては、中国より輸送されたものを赤札天国経由で発送されるよりも
一度、赤札天国で動作確認後に発送してもらう方が安心できると考えた為です。
※検品はしていると思うのですが、届いて初期不良で返送したりは面倒なので。

赤札天国で「日本語化」をお願いする場合、ユーザー名は「User」となっています。
私自身、日本語化を行いたいと考えていたので、初期化して改めて日本語化しました。

作業自体はとっても簡単な作業なので、心配性でない方は不要のサービスですね。

 Teclast X89Winを開封すると、表裏ともに保護フィルムが貼り付けられていました。


表面のオレンジ色△は「シール」ではありません。
これは、オレンジ色△「フィルム」なので、簡単に取り外すことが可能です。

オレンジ色△「フィルム」だけを外して、そのままの状態で使うことも可能ですが
表面フィルム:品質悪い 裏面フィルム:サランラップのように薄いフィルム
品質はそれほど良くありません。
赤札天国では、重さが約344gとアナウンスされていました。


実際に量ってみると約348gとなっており、差はほとんどありません。

Teclast X89Winの本体サイズとipad miniを比べると
・X89Win 高さ200mm、幅138 mm、厚さ7.4mm
・ipad mini 高さ200mm、幅134.7mm、厚さ7.2mm

ipad miniのケースは Teclast X89Winでは使えません。
使えそうな商品を探してみるのが良さそうですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿